Entries

リサイクルという免罪符?

今更、4Rをここで説明するつもりもないのですが、
「循環型社会を目指す」というかけ声のもと、
最近どうにも、
リサイクルすれば、どんどんと消費を続けても許されるような」風潮が出来ているようでなりません。
宇和島でも、燃やさないゴミで出されていたアルミ缶・スチール缶が資源ごみとして集められ、
ペットボトルがペットボトル専用の袋で収集されるようになりました。
また、牛乳の紙パックや食品トレイは、各スーパーを中心に回収が進んでいます。
でも、これってよく考えると、現在の大量生産・大量消費のままで、
環境への配慮をしていこうという“ごまかし”と思えてしかたがありません。

再びドイツの例(それも少し古いデータで・・・)を出して恐縮ですが、
1995年の包装材のリサイクル率が、
ガラス82%、紙類90%、プラスチック60%、スチール64%、アルミ70%と言います。
いかがでしょう、
皆さんが家庭から出されるゴミ(とりあえずゴミと呼びます)をイメージしてください。
また、1991年の法改正(包装材制令)で企業に義務づけられた包装資材は、
菓子や歯磨き粉の包装箱まで含まれ、それらが皆回収や再利用に回されているのです。

私たちは、ここで宇和島市が集める資源ごみの一覧を見直してみれば良いでしょう。

リサイクルを進めるのは当然で、それはそれで必要なことです。
しかし、
それ以上にRefuse(使わない・やめる)、Reduce(減らす)、Reuse(再利用する)
を進めることが同時に必要なのです。
今の日本では、リサイクルは現在の生産や消費を良しとする免罪符であって、
「けしからん!」とまで言うと無理があるのかもしれませんが、
とにかく、Recycle(再資源化)を進めながら、
先の3つのRを実現することを考えなければならないのです。

たとえば、卵はどうして6個や10個で買わなければならないのでしょう。
どうして、トマトは3個だとか4個だとかでしか買えないのでしょうか?
トレーやラップ・袋、再利用できないボトルや缶に入ったものが市場にあふれています。
一方、(またまた)ドイツでは、ペットボトルは50~100回ほどの再利用がなされ、
最後に再資源化に回されています。
当然、企業へ回収・再利用が義務づけられたことも、これら市場を変える原因でありましたが、
消費者の動機付けとうまくかみ合って、現在発生するコストをお互いが負担して、
将来にわたる環境リスク軽減のコストをそれぞれが応分に負担することに成功していると言えると思います。
それは、一つに廃棄物処理施設が「迷惑施設」である以上に、
「環境汚染の源」であるということが判ってきたからです。
そして、直接的な汚染物質の発生源である上に、
様々な環境問題に廃棄物処理が関わっていることが判ってきたからです。
温暖化、酸性雨、オゾン層の破壊、森林の減少等々。
十分に環境に留意されているはずの処分場周辺でも、
淡水生物のメス化や不妊・奇形など、
わずかな量の廃棄物がホルモンの分泌を攪乱してしまった結果が様々に現れ、
報道されています。
現在の、モノを廃棄物として処理したり再資源化する資源循環のレベルでは、
環境破壊は止まらないようです。
日本の常識が環境先進国の非常識になってきているのです。
たとえば、リターナブル容器を復活する。
(最近少しだけ復活の宅配牛乳の瓶の回収率はほぼ100%で
 Reuseの回数は約50回といわれています。
 /紙キャップの消費量から計算すると概ね7~80回は使われているのが実際
 のところみたいです。ビール瓶でも平均15回と言います。)
野菜や果物は買い物かごで必要な量を買う。
卵も買い物かごに「そぉーっ」いれる。
お豆腐は、近所のお店にボールや鍋を抱えて買いに行く。
これって、数十年前には当たり前だったのです。

ヨーロッパでは、野菜・果物は裸で積まれ、
ワインは瓶(デンマークでは法律でワンウェイ飲料容器の販売・消費を禁じています)
を持って買いに行きます。
缶ビールのシェアは
(ドイツでは、ビール・清涼飲料水・果汁・ワインで、
 リターナブル瓶のシェアを72%を下限として設定し、
 これを下回った場合には、デポジットを強制できる法律がある)
 低く押さえられています(日本では、50%を超えています)。
パンは、バスケットに入れて持ち帰ります。
リサイクルではなく、その前の3つのRを実現しているのです。

一方、日本のリサイクルの奥には、大量生産・大量消費の企業の論理があります。
確かに、日本でも容器包装リサイクル法という法律が出来ました。
それは、「消費者・市町村・事業者が責任を分担して容器包装廃棄物のリサイクルを促進しよう、
そして、一般廃棄物の排出量や最終処分量を減らして循環型社会を実現しよう」
という趣旨からなる法であります。
消費者は、容器や包装資材をその他のごみから分別して出し、
各自治体は、それらの分別収集を行う。
そして企業は、自らまたは指定法人やリサイクル事業者に委託して再商品化する義務を負うとされています。
しかし、リサイクル法が施行されて私たちの生活が特に変わったでしょうか?
例えば、2㍑のペットボトルの処理に60円かかるという試算があるにもかかわらず、
商品の価格が変わったでしょうか?
ほとんど変わっていない生活にお気づきのことと思います。
つまり、あまり効果のない規制、消費生活に変化を与えない法律であるということを表しているのです。

飲料等のメーカーは、ペットボトルや缶の回収に全責任を負うべきです。
包装資材は、すべて販売店に回収を求めるべきです。
それらの処理を一部であっても税金で賄う限り、ごみ問題は解決しないでしょう。
すべてを企業の責任において処理をさせるべきです。
そうすれば、包装資材処理のコストは価格に跳ね返ってきます。
いくつかの企業は、包装形態を変えることでしょう。すると、消費も変わるでしょう。

税金をたくさん払った人が必然的にごみ処理代もたくさん支払うという制度のままでは解決しないでしょう。
ゴミ処理代はゴミを出す人が払う。
そして、そのゴミ(ゴミ付きの商品)を販売して収入を得た企業に責任(製造者・販売者)を負わせるべきです。

ここにある試算があります、
東京大学“生産技術研究所”は、
「いろいろな飲み物の容器すべてをビール瓶や一升瓶のように何回も利用できる
 「リターナブル瓶」に変えたとき

二酸化炭素の年間排出量:約78万トン削減

廃棄物として埋め立てられる量:9割減少

処理費用:1500億円節減
           2000年6/20付 朝日新聞 夕刊より


ごみ処分場の要らない地域に

数年前の話ですが、日本青年会議所が行った環境を主題としたドイツミッションの報告書の中に、
まさにゴミ大国日本の進むべき道を示す驚き(日本の常識では)の事実を見つけたことがあります。

なんと、ゴミ不足で仕事が無いというのです。
ある町では、30ヘクタールの埋め立て処分場が100年も持ちそうだというのです。
そして、あまりにゴミが少ないので、二つある焼却施設の一つを閉鎖したというのです。

たとえば、紙を燃やしてしまうのと、再生するのとどちらがコストがかかるのでしょう。
古紙の再生について、日本は世界に誇るべき循環システムを持っていました。
ところが、もう何年も前から、
バージンパルプ使用の紙と再生紙を比べると再生紙が高い時代になってしまい、
再生紙利用促進運動をやっても未だにバージンパルプ100%使用した紙の方が安いという時代が続いています。

古紙再生の環境負荷について、そのコストをどう計算するかという問題はありますが、
そもそも再利用(Reuse)や再生品の使用(Recycle)と比べて燃やしてしまう方がコストがかからないとされていることが問題なのです。
燃やしたときに出る二酸化炭素の処理やあるいはダイオキシンの危険性はどう計算しているのでしょう。
ちなみに、ドイツのコスト計算では、1トンの紙や生ごみの焼却するには400マルクかかるが、再利用するには200マルクから300マルクで済むとのことです。
(これもまた、どこまでのコストを含んでいるかそのレポートでは明らかではありませんが・・・。失礼)

もう一つのお話は、ビール産地として有名なミュンヘン市の話です。
ミュンヘンでは公共用地で行う行事では、使い捨て容器は使用禁止です。
そんな法律(正確には条例)ができてから、
通風持ちの私にはたまらないかの有名な何百万人も集まるビール祭のゴミは、
条例施行後の2年間で16分の1に減ったと言うのです。

建築廃材は、ガラス・金属・木材などに分別し再利用が義務づけられています。
生ごみは、分別して回収し、企業(税金を使って)が堆肥化します。
各家庭で堆肥化する場合には、補助金が出されます。
粗大ごみは、収集センターに集められ、使える物は市民が持ち帰ります。

16分の1という数字には驚いてしまうのですが、
この、今では当たり前の環境先進国ドイツの「ゴミを減し再資源化するシステム」も、
そんな昔から確立していたわけではないのです。
日本と同じように、新たな処分場建設が住民の抵抗で難しくなったここ20年ほどの事情によるのです。
ところが、同様にゴミ問題に悩んだ日本とドイツの対応の差がここまで出てきたのは、
なにが違うことによって起こったのでしょう。
例としてよく示されるものですが、ダイオキシンの排出量規制値です。
日本では、ドイツの規制値の800倍の努力目標が示されていたに過ぎませんでした。
(ドイツでは、排出量が1立方メートルあたり0.1ナノグラムを越えると
 施設そのものが閉鎖されるのに対し、
 日本では80ナノグラム以下に抑えることが目標値とされていた)
また、ある番組の中で、ダイオキシン汚染について危機を指摘したキャスターは、
その汚染された植物が発見された地域の農業団体に訴えられる始末です。
つまり、日本で大事なのはお金なのです。
処分場周辺の国民の生命や健康に対する危険よりも、お金が大切なのです。
農産物を食べた国民の命よりも汚染されていても農作物が売れることが大切なのです。
それに、ごみ処理施設などは、一般に迷惑施設と呼ばれてまして、
それらを受け容れる地域はそれを受け容れる代わりに様々な政策的優遇
(見返り事業と呼ばれたりします)を受けるのです。

私どものまち宇和島でも、迷惑施設を受け容れる代わりに、
その島に橋を架けるというあまりに単純な図式の見える計画が検討されています。
私は、「施設を作る場所がその島であるから反対」という立場はとりません。
一部の九島の処分場建設に反対される皆さんは、西風が吹けば市街地に排煙が流れて来る。だとか、
処分場施設から漏れ出た汚水が海面養殖の漁場を今以上に汚染してしまう。とか、
処分場の近くの養殖場で養殖された魚は、市場で良い評価は得られないだろう。とか言います。

しかし、「それではどこかの山奥ならばいいって言うの?」とお聞きしたくなるのです。
どこに造るかという検討よりも、
現状の技術(先立つものに糸目を付けなければ別でしょうが)では、
生命は危険に晒され、
環境を破壊する施設なのだと言うことを認識することがまず必要であると言いたいのです。

自然を大切にしようと考え、
自然(環境)に大きく依存した産業を地場産業として持つ地域であると自覚しているとするならば、
まず、「他に例を見ないほどの世界最高レベルの処分施設を望む。」
そんな価値観が必要かと思います。
そんな施設は、べらぼうに先立つものを食ってしまいますから、
そこそこのレベルで手を打とうというのが、一般の価値判断になるかも知れません。

しかし、先に述べたドイツの例のように、
ゴミを減すシステムを作ることで、
ゴミが減った分生命身体の危険は減すことが出来るということに気づくべきです。
ゴミが減れば、その分少しだけ寿命(処分施設も私たちも)が延びます。

処分場建設に対し、危機感を持ち、安易に見返り事業に心を動かすことなく、
施設のプランを立てるべきです。
そして、ゴミを減らすこと、そういうプランを同時に検討して行くべきです。
環境先進国に学びましょう。環境先進地域「うわじま」を目指して。

ゴミの減量は命がけ

少々古い話ですが、
岐阜県の御嵩町の町長が襲われて重傷を負う事件がありました。
同氏が処分場建設に慎重な姿勢を示していており、
事件前に処分場建設に関する脅迫が続いていたことから、
同件に関わる暴力事件ではないかといわれています。


御嵩町では、産業廃棄物処分場の是非を問う全国初の住民投票もありました。
当然、
結果は「NO」でありました。
全国で今後ますます処分場の立地は難しくなります。

しかし、こんな迷惑施設を受け入れる地域に、
見返りとして大量の資金を投入することをいつまで続けていくのでしょう。

まず、必要なのはゴミを減らすことなのです。
ゴミを出さないこと、
そしてリサイクル、
処分場の無害化。
そういうコスト負担が必要なはずなのです。

ところが、この「ゴミを減す」という事業、
ゴミ処理を生業とする方々にとっては、死活問題となります。
ゴミの減量は、土木工事と同様、
巨額な予算組がなされるゴミ処理予算の減額を意味します。

そうなると、
既得権を守りたい業界の中の悪質な者の中に暴力に訴えてまで
処分場の建設を推進しようという者が出てくるのではないか?

いえ、少なくとも脅迫して自分の都合のために物事を進めようという
輩が居るということは確かのようです。


宇和島では、
宇和島青年会議所が40周年の記念事業で
ゴミ処理の指定ゴミ袋による有料化という減量策の推進を行ったのですが、
幸いなことに、私に嫌がらせなどはありませんでした。

Appendix

Calender

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

地域通貨(#1)入札制度改革(#1)一票の格差(#1)政策決定(#1)ODA(#1)公式参拝(#1)ローカルマニフェスト(#1)介護(#1)チベット(#1)地方空港整備(#1)ダイオキシン(#1)消費税(#1)迷惑施設(#1)自虐史観(#2)政治指導(#1)無駄撲滅(#2)市町村合併(#2)金太郎飴(#1)市民の声(#2)まちの家計簿(#1)改憲(#1)地方空港問題(#1)安易な需要予測(#1)宗教対立(#1)靖国(#1)第3セクター(#1)合併(#1)行政改革(#3)長野県(#1)選挙制度改革(#3)システム(#1)表現の自由(#1)直接民主制(#1)リストラ(#3)混合診療(#1)人権(#1)誇り(#1)ネガティブキャンペーン(#1)大学誘致(#1)市民参加(#1)メルマガ(#1)地方分権(#1)被害者(#1)公立病院(#2)不法投棄ゴミ(#2)住民自治(#1)教科書問題(#1)財政改革(#1)公共放送(#1)入札改革(#3)キリスト教(#1)学校統廃合(#1)公開討論会(#2)議会(#1)談合(#3)情報公開(#4)歴史認識(#1)原子力発電(#1)九島架橋(#1)リサイクル(#1)地元主義(#3)医療(#1)歴史教科書(#3)ごみ処理費用の外部化(#1)入札監査(#1)道徳(#1)台湾(#1)議員任期(#1)農業(#1)事業仕分け(#1)倫理(#1)公務員給与(#3)知事(#1)ジェンダーフリー(#1)自治体規模(#1)自虐教科書(#1)教科書採択(#1)食の安全(#1)マニフェスト(#4)契約(#1)コスト(#1)中曽根(#1)A級戦犯(#1)プロポーザル(#1)英霊(#1)ゴミ処理(#1)会議手法(#1)民主主義(#1)リーダーシップ(#1)ゴミ減量(#3)政策棚卸し(#1)市民意識(#1)市役所改革(#2)公教育(#1)税金の無駄遣い(#1)食糧安保(#1)公約(#1)イラク(#1)年金(#1)世襲議員(#1)加害者(#1)市長選挙(#1)ネット利用(#1)教科書(#1)生活者重視(#1)家計簿(#1)田中康夫(#1)契約違反(#1)アリバイ民主主義(#1)対中政策(#1)財政出動(#1)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR