Entries

メルマガ「黎明2010年 4号」

一緒に、地域の未来を考えませんか?
「 変わらなきゃ、宇和島!」【黎明】
 武田元介のまちづくり講釈 メールマガジン版
===============================================
本当にご無沙汰でございます。
普天間問題やら高額な子ども手当などの政策の問題と、
政治と金の問題に対する批判に抗することが出来ず、
鳩山総理は辞任しました。
また、様々に批判のある小沢幹事長も辞任しました。

選挙期間中でありますので、やたらなことも言えないのですが、
後継の菅総理も所信表明演説と代表質問だけで会期を閉じてしまい、
予算委員会も開かず、
自らの政策理念というものを国民に充分開示することもせず選挙に突入しました。
廃案となった重要法案もたくさんあるようです。
これ以上触れていくとうるさいことになりそうですので我慢しておきましょう(笑)。

で、今日は、一点だけ。
公職選挙法の改正もしないままの選挙となったことについてです。
具体的には「ネット上での選挙活動解禁で、政策による選挙をしよう」という声は
どうしたというのでしょうか?
現職に挑む、地盤・看板・鞄に劣る対抗馬が政策で戦うためには、
ネット上での選挙活動の解禁は重大なテーマではなかったのでしょうか。
このことは、民主主義の実現に必要不可欠な重要な課題であると思っています。

以前、
http://motosuke.net/machimirai.htm#2009_10_27
に、昨年夏の選挙の負け惜しみを込めて主張してみましたが、
あらためて少しだけ触れてみたいと思います。

選挙カーのボリュームは終盤に入る来週は、ますます上がっていくのでしょう。
名前の連呼とお願いの声を聞いて、選挙民はいったいどう判断しろと言うのでしょう。
公選法では、動いている自動車の上からは連呼しかできないとされていますが、
こんなこと一般の方は知るよしもないわけであります。

次に紙媒体であります。
候補者や党の政策を主張するビラは、事務所や演説会場でしか配れないのです、
一生懸命ビラを作っても、選挙民が事務所か演説会場に来てくれないと渡せないのです。
その上、配ることのできるビラの枚数は、選挙区内の世帯数より少ないのです。
もっと変なのは、読み終わったビラを他人に「読んでみませんか?」とお勧めし、
純粋に政策評価を市民の間に進めようしてもそれは出来ないのです。
公選法違反となるのです。
「後援会討議資料」などと、隅っこに書いてあるチラシが出回る選挙もありますが、
これもまた姑息な逃げの手段でしかないのです。
許されないことをグレーにしていくための・・・。

候補者に許されているのは、タスキや提灯、決まったサイズの看板、他なんです。
今時、提灯ですよ。

選挙前でも、名前入りのたすきやのぼりを公選法は認められません。
「本人」って書いたのぼりやたすき、異様でしか在りません。

よろしけれは、少し斜めからこの参議院選挙を見てみてはどうでしょう。
税金を使って行う選挙です、
立候補者は、供託金を支出することが必要ですが、
まともな候補者であれば供託金は帰ってくるし、
選挙費用の幾分か
(決まった枚数のポスター制作費や、政策を訴えるハガキ・選挙郵便の郵送料など)
も税金で補填してくれます。
なにより税金の使い道を決める人を選ぶ選挙なのですから・・・。

でも、こんな変な選挙にお金を使われて良いのでしょうか。
選挙を正常化しませんか。
政策を訴えるのに、いかにコストを掛けないで選挙が行われるか。
選挙結果以上に大切なことだと思うのですがいかがでしょう。

冒頭に触れた、普天間問題も、昨夏の衆議院選挙中の党首の発言が、
結果的に自らの命を縮めてしまったわけでありますが、
一方で、過去にあった公約と同様、「マニフェスト」もまた、方便と化し、
破っても責任があまり問われないムードが出てきてしまいました。

選挙中の発言・約束というものを、もっと重大に考えて、一票を投じたいものであります。
過去にあった、
総花的な選挙公約と一線を画したものであると定義づけて始まったところの
日本の「マニフェスト」、
今一度、各党の主張を比較して、投票先を決めていきたいと思います。

このままでは、日本で「マニフェスト」は、意味のないものになってしまいます。
(後略)

Appendix

Calender

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

教科書(#1)知事(#1)公開討論会(#2)プロポーザル(#1)教科書採択(#1)ダイオキシン(#1)九島架橋(#1)市民の声(#2)不法投棄ゴミ(#2)公約(#1)議会(#1)A級戦犯(#1)年金(#1)政治指導(#1)改憲(#1)迷惑施設(#1)生活者重視(#1)公共放送(#1)表現の自由(#1)入札制度改革(#1)世襲議員(#1)リーダーシップ(#1)人権(#1)ゴミ処理(#1)地方分権(#1)学校統廃合(#1)入札監査(#1)誇り(#1)地域通貨(#1)道徳(#1)自虐史観(#2)金太郎飴(#1)市民意識(#1)医療(#1)公務員給与(#3)ODA(#1)行政改革(#3)中曽根(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)事業仕分け(#1)倫理(#1)市長選挙(#1)民主主義(#1)マニフェスト(#4)財政出動(#1)対中政策(#1)介護(#1)住民自治(#1)長野県(#1)コスト(#1)キリスト教(#1)税金の無駄遣い(#1)靖国(#1)ジェンダーフリー(#1)ゴミ減量(#3)歴史認識(#1)地元主義(#3)ネット利用(#1)ローカルマニフェスト(#1)消費税(#1)アリバイ民主主義(#1)自虐教科書(#1)市役所改革(#2)談合(#3)選挙制度改革(#3)財政改革(#1)被害者(#1)システム(#1)混合診療(#1)情報公開(#4)政策棚卸し(#1)台湾(#1)契約(#1)市民参加(#1)教科書問題(#1)食の安全(#1)チベット(#1)地方空港整備(#1)契約違反(#1)政策決定(#1)直接民主制(#1)農業(#1)公立病院(#2)地方空港問題(#1)無駄撲滅(#2)宗教対立(#1)市町村合併(#2)合併(#1)家計簿(#1)第3セクター(#1)加害者(#1)議員任期(#1)ネガティブキャンペーン(#1)会議手法(#1)田中康夫(#1)歴史教科書(#3)大学誘致(#1)まちの家計簿(#1)一票の格差(#1)リストラ(#3)英霊(#1)食糧安保(#1)リサイクル(#1)メルマガ(#1)イラク(#1)原子力発電(#1)入札改革(#3)公式参拝(#1)公教育(#1)自治体規模(#1)安易な需要予測(#1)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR