FC2ブログ

Entries

九島架橋 「政策を教えてもらいたい」に答えて

>架橋は巨額を投じて建設する価値はあるのか?
これもまた、きちんとした費用・便益の分析が必要です。
そして市民に対して、十分な情報の公開をして、公開された場で議論を進めることが必要です。

どこまでの便益を評価して足し込んでいくことに市民の理解を得られるか、
B/C分析と、将来にわたる負担額を市民に示すことで、
納得を得られて始めて着工へのゴーサインが出せると思います。

財政が潤沢であれば、欲しい物はなんでも建ててしまえば・作ってしまえばよいでしょう。
でも、現在は皆が我慢をして、資本投下に優先順位を付けていかなければならない財政状況です。

現在の財政状況をみれば、
市の実質の負担額がどんなに少ない(辺地債を活用した場合、市の負担額は利子を含めて5億36百万円)といっても、
(以下、辺地債を利用した場合のコスト計算です。合併特例債を利用した場合は、
 4億円ほど市の負担が増えます。)
工事に必要な総額69億の借金をしてしまった場合、
その他の投資(他の借金)がし難い状態(場合によっては不可能になることも想定しうる)になるわけで、
  (借金が多い人にはお金は貸さない規定があるのは当たり前です)
架橋の目的を市民の皆さんに十分に知っていただいて、
これは優先して取り組むべき課題であるとの納得を得られれば、
架橋もありかと思います。

手元の資料によると、
架橋目的は、
離島解消による地域間格差の是正

架橋による効果として
架橋本体や観光開発による交流人口の増加
市の離島補助経費の削減         とされています。

そして、50年間というスパンで考えると、
建設のための市の負担が5億36百万円
維持管理経費が    5億50百万円
合計で、      10億86百万円

橋が出来たお陰で離島補助が削減される額として、
            29億82百万円
差し引きで、    18億96百万円の経費削減が出来るとしています。
この数字だけをみると、絶対にGO!でありましょう。
しかし、維持管理経費の見積にどれだけの確証があるのか、
工事費自体も、海底の岩盤の状態や土地収用にかかるコストなど、
不安定な要素が多いはずと言うことなど、
また、離島補助経費の算出根拠さえも手元の資料だけでは明らかでありません。

手元の説明の書類にはその書類の文責も明記されていません、
この書類と風評だけで判断は出来ないというのが正直なところです。

しかし、この数字の確からしさが高いものであるのならば、
九島の土地の利用価値が上がる(固定資産の評価額が上がるなどもある)ことを考えれば、
かなり有効な投資と思えます。

また、橋で陸続きとなることで、
九島に住む市民や九島に仕事場を持つ島外の市民の利便性が向上することと引き替えに、
迷惑施設の建設(使用年限の迫る屎尿処理場?)を考えているとすれば、
一層高いレベルの情報公開と市民の声を聞く機会を持つべきだと思います。

以上、十分な情報を持ち合わせておりませんので、はっきりとした結論が出せない状態であります。
申し訳ありません。

追記:
九島架橋を推進する立場なんですね。
と問いかけがありましたので、以下補足いたしました。
私は、何よりも優先させるべき事業であるとは考えていません。

市が示しただろう説明の書類(手元にある)を見ると、
「10年の計」ならぬ「50年の計」で、
19億円の経費削減効果があるとされています。
(その試算の確からしさがどの程度なのかはこの際考慮しないと)
それを信頼するならば、かなりの投資効果があると評価できるということです。>

その点は、誤解を解いて頂いて、
取り急ぎ、橋推進派ではなく、慎重派であるとご理解いただきますようにお願いいたします。
いずれにせよ、政策決定に民意を汲むという大切な手順が抜け落ちているのが
現在の宇和島であると感じています。

Appendix

Calender

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

コスト(#1)大学誘致(#1)政策決定(#1)金太郎飴(#1)安易な需要予測(#1)ダイオキシン(#1)談合(#3)市民参加(#1)迷惑施設(#1)契約(#1)ゴミ減量(#3)表現の自由(#1)教科書問題(#1)地方空港問題(#1)住民自治(#1)公共放送(#1)ゴミ処理(#1)プロポーザル(#1)ローカルマニフェスト(#1)知事(#1)チベット(#1)市役所改革(#2)財政改革(#1)年金(#1)原子力発電(#1)キリスト教(#1)入札制度改革(#1)ジェンダーフリー(#1)教科書採択(#1)イラク(#1)ODA(#1)無駄撲滅(#2)リストラ(#3)食糧安保(#1)メルマガ(#1)田中康夫(#1)道徳(#1)入札監査(#1)自虐教科書(#1)会議手法(#1)第3セクター(#1)歴史認識(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)九島架橋(#1)民主主義(#1)選挙制度改革(#3)市長選挙(#1)世襲議員(#1)宗教対立(#1)市民の声(#2)契約違反(#1)公開討論会(#2)農業(#1)不法投棄ゴミ(#2)教科書(#1)地方分権(#1)政治指導(#1)医療(#1)市民意識(#1)介護(#1)マニフェスト(#4)人権(#1)家計簿(#1)A級戦犯(#1)事業仕分け(#1)歴史教科書(#3)市町村合併(#2)倫理(#1)ネガティブキャンペーン(#1)公務員給与(#3)生活者重視(#1)誇り(#1)地方空港整備(#1)消費税(#1)自治体規模(#1)リサイクル(#1)地元主義(#3)一票の格差(#1)対中政策(#1)システム(#1)直接民主制(#1)アリバイ民主主義(#1)議会(#1)財政出動(#1)公教育(#1)被害者(#1)リーダーシップ(#1)議員任期(#1)政策棚卸し(#1)長野県(#1)加害者(#1)英霊(#1)改憲(#1)靖国(#1)まちの家計簿(#1)公式参拝(#1)自虐史観(#2)情報公開(#4)税金の無駄遣い(#1)台湾(#1)入札改革(#3)地域通貨(#1)行政改革(#3)公約(#1)食の安全(#1)学校統廃合(#1)ネット利用(#1)混合診療(#1)合併(#1)中曽根(#1)公立病院(#2)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR