Entries

まちづくり委員会のあり方/まちづくりプロジェクトチームの答申報道を受けて

 宇和島市「花と緑と潤いのあるまちづくり」プロジェクトチームが答申したという報道を受けて、
まちづくり委員会のあり方を再度お話ししてみたいと思います。

10/25付けの愛媛新聞によると、
宇和島市「花と緑と潤いのあるまちづくり」プロジェクトチーム
(まちづくりプロジェクトチーム)は、
毎月第三日曜日に全市民で清掃活動や花いっぱい運動を展開することなどを
盛り込んだ検討結果を市長に答申
したとのことです。
このこと自体をとやかく言うつもりはありません。
自身に対して改めて問題提起をしてみたいと思います。

1.まず、私達のまちづくり委員会とプロジェクトチームの位置づけ
(私が理解する)の違いから考えてみます。

このプロジェクトチームは、これまでに四回の会合を開いて答申をしたと言います。
回数は少ないながらも、当然に、充分なご審議をなされた結果出された答申であることでしょう。
しかしながら、プロジェクト(事業プラン)の答申を使命とし、
答申を出すまでの期間が比較的短いものであることを求められていたとしたらどうでしょう。
会議で出された少数意見まで含めて答申に表わすのは難しいはずです。
すなわち、「花と緑と潤いのあるまちづくり」という目標を達成するための意見交換がなされて、
メンバーからは多彩なプランが出てきたとしても、会議の課程で最大公約数的に意見集約がされて、
多くの意見が答申の中身からはずされているのではないかということです。
では、そんな多彩な意見の内、
答申に表れていないプランは目標達成のために役に立たないから消えたのでしょうか、
そうではありません。
それは意見集約という会議手法の中で消えてしまったと思うのです。
短期に効果あるプランを答申することを義務づけられたプロジェクトチームの場合は
それはそれで良いのかもしれません。
しかし、
「今までの会議手法で集約された」結論というものが全て正しい結論ではなかったわけで、
そんな意味から、今までと違う(それを解決する)新たな会議(結論を導く)手法として
ワークショップ形式でまちづくり委員会を行おうと提案をしたのが私です。

2.次に、メンバーが違う(公募である)と言うことから考えてみます。

 私達のまちづくり委員会の委員は公募で集まっています。
なにかの団体の長であったり、
今まで行政経験があったりしないメンバーが多いようです。
ですから、その分、柔軟な発想が出来ているのではないかと思います。
時にメンバーの一部は独善的であったりしますが、
現場をみたり一緒に作業を進めながら委員会をやってみましょうという提案をしたところ、
盛んに現場を踏み、会議の場での討論にとどまらない委員会になっています。
声が大きかったり、弁が立つからその人のプランが採用されてはいけません、
メンバーの意見はどんな意見でも捨てないで進めて行くことが必要です。
こういう多彩な意見の中に問題解決の妙案が隠れているかもしれないからです。
既存の枠にとらわれないで、プランの一つとして認めることから
市民参加が活かされるものと思っています。
メンバーの個性とそれを活かすワークショップ形式の委員会運営で、
多様な(奔放な)プランが生き残ることが出来ます。
そうすることによって、きっと問題解決の可能性は自ずと高まっていくことでしょう。
答申を出すことにこだわらず、多彩な意見に耳を傾けること、
そういう委員会がきっと何かを産むはずです。

3.では、実際にそれらの個性あるメンバーの多彩な意見をまとめるには
 どうすればよいかということですが、

それらの意見は、
その目標を達成する為にいつ(When?)
どこで(Where?)
誰が(Who?)
なにを(What?)
どのように(How?)
あるいはいくら(How much?)で、
それはなぜ(Why?)行うのか」というふうに整理していくことが出来ます。
(全てのプランが5W1Hを備えたものではないですが・・・)

 次のステップとして、
一緒に作業を進めたり一緒に現場を見ながら自由に出されたプランを比較して
整理してみましょう。
それらの大小様々なプランは、たとえば、
「今すぐに出来ること」も「明日から出来ること」もあります。
「私が出来ること」もあれば
「担当課長の裁量で出来ること」
「市長の決裁で出来ること」。
「法的な規制を調べてみなければならないこと」
「予算組が必要なもの」
「ただで出来ること」等、いろんな切り口で分類をすることができるはずです。

雑ぱくな言い方で恐縮ですが、
「自分が明日から、お金もかけないで、ちょっと注意すればできる」
そんなこともあるのです。
また、「担当部署に尋ねれば、ここで悩んでいることでも、簡単に答えが出てしまう」
ものもあるでしょう。
ある問題を解決すめために何をすべきか、
多彩な解決手段を多彩な意見の中に見つけることが出きるはずです。

 5W1Hで整理していく手法については次項で(いつになることやら)述べてみたいと思いますが、
プロジェクトチームの答申を取り上げた記事を見て、とりあえずのアッピールとしたいと思いました。

Appendix

Calender

04 ≪│2018/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

公開討論会(#2)地元主義(#3)世襲議員(#1)人権(#1)中曽根(#1)市民参加(#1)自治体規模(#1)合併(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)住民自治(#1)公務員給与(#3)公教育(#1)マニフェスト(#4)A級戦犯(#1)チベット(#1)入札監査(#1)田中康夫(#1)道徳(#1)地方空港問題(#1)教科書(#1)金太郎飴(#1)第3セクター(#1)ODA(#1)一票の格差(#1)教科書問題(#1)リサイクル(#1)靖国(#1)市町村合併(#2)安易な需要予測(#1)契約違反(#1)議会(#1)プロポーザル(#1)税金の無駄遣い(#1)自虐史観(#2)直接民主制(#1)イラク(#1)会議手法(#1)キリスト教(#1)市役所改革(#2)九島架橋(#1)台湾(#1)事業仕分け(#1)まちの家計簿(#1)英霊(#1)年金(#1)地方空港整備(#1)大学誘致(#1)ネガティブキャンペーン(#1)消費税(#1)市民の声(#2)対中政策(#1)誇り(#1)無駄撲滅(#2)行政改革(#3)市民意識(#1)迷惑施設(#1)不法投棄ゴミ(#2)農業(#1)公約(#1)民主主義(#1)財政改革(#1)地方分権(#1)情報公開(#4)市長選挙(#1)リストラ(#3)入札改革(#3)政治指導(#1)コスト(#1)自虐教科書(#1)介護(#1)入札制度改革(#1)長野県(#1)学校統廃合(#1)アリバイ民主主義(#1)公立病院(#2)食糧安保(#1)公共放送(#1)加害者(#1)医療(#1)知事(#1)政策決定(#1)原子力発電(#1)議員任期(#1)ジェンダーフリー(#1)政策棚卸し(#1)ゴミ処理(#1)財政出動(#1)談合(#3)リーダーシップ(#1)公式参拝(#1)メルマガ(#1)ローカルマニフェスト(#1)教科書採択(#1)選挙制度改革(#3)地域通貨(#1)歴史認識(#1)ネット利用(#1)食の安全(#1)倫理(#1)歴史教科書(#3)家計簿(#1)被害者(#1)ダイオキシン(#1)ゴミ減量(#3)生活者重視(#1)宗教対立(#1)システム(#1)改憲(#1)契約(#1)混合診療(#1)表現の自由(#1)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR