FC2ブログ

Entries

大相撲は、NHKと随意契約しているのか(笑)

NHKは、テレビ受像機を持つ世帯全てに支払いを課せられる
(支払われているかどうかは別で)受信料で運営されている公益企業であり、
国営放送会社として、公共放送を担う法人であるはずです。
また、電波法や放送法の規定の上からも、
偏った価値観・ゆがんだ歴史観に基づく放送というのは許されるべきではないと思っています。
(すべてのメディアに対して、法や規定が厳格に適用されているわけではありませんが)

 しかし、このNHKという国営放送会社の社内には、
どうも中国の反日勢力と結びついている人が居るようで、
自虐史観に立った番組作りが続いています。
数年前に、従軍慰安婦という、先の大戦当時としては違法ではない、
民・民の契約として管理売春が行われ、
あるときは一家を支えるような、
家族を救うような自らの身体を元手としてSEXを商品とした商売が存在したのに、
ことさら左翼マスコミの如く、このテーマを取り上げた番組を作り、
その番組を一部国会議員が検閲したかのように情報リークして問題となったことを
覚えている方も多いでしょう。
また、台湾の人々が日本を好きでいてくれるのが、とても気に入らないのか、
日本の台湾統治時代の歴史もゆがめて伝える番組も作りました。
 日本を誇りある国家として情報を配信し、この国でともに暮らす日本国民に、
日本の正しい姿を伝えることこそ使命でありますのに、
日本の歴史を辱める番組作りは、とても我慢ならないものがあります。
 また、近年は、民放と区別が付かないほどに
バラエティー化した番組作りが続いているのです。

 そんなNHKが、今度は相撲の放映を中止したと報道されています。
 私としては、自虐史観に乗った番組を放映することと、
賭博に関係する者の多かった大相撲を放映することとどちらが非難されるべきかを考えてみて、
関係する親方や力士が当然のこととして謝罪し
役務・出場を自粛している大会を放映中止するというのも行き過ぎなように感じます。
いかがお思いですか?
 まぁ、この点については、いろいろなお考えがあるでしょう。

こんな時に、ふと、考えたことがございます。
どうして、大相撲の放映権はNHKに独占されているのでしょう。
郵政民営化を叫ぶ皆さんが、「官から民へ」と仰る皆さんが、
どうして、「大相撲放送はNHK」に対して疑問を持たなかったのでしょうか。
相撲協会とNHKの間には、どういう契約があったのでしょう。
というか、このことも「事業仕分け」して欲しいのですが、いかがでしょう。
ネットで調べてみると、NHKが相撲協会に支払う放映権料は年間二十数億円であるそうです、
年に6回の本場所がありますから、1場所あたり約4億円であると言います。
本場所の5時台の平均視聴率は10%を超えるようですから、
いっそ、相撲協会は公益法人の法人格の返上をした上で、
民間放送局との契約を検討してみてはどうでしょう。増収に成りはしませんか?
民放の全国ネットになれば、いかほどの値が付くのか、
懸賞旗や呼び出しの衣装スポンサーの価格も上がりはしないだろうか。
それより、やくざ屋さんが座っていた土俵際の席なんか、
格好の広告看板設置場所に成りはしないでしょうか。

公益企業の随意契約、
まさに相撲協会はNHKとは、
随意契約を結びながら税制面で優遇される経営を続けているのが実体と
言えるのではないでしょうか。
国庫補助・自治体補助という形で、税金も約200万円受け取っていらっしゃるようです。
是非に、相撲協会と日本放送協会の契約がどうなっているのか、知りたいのですが・・。

大相撲本場所の放映権が売りに出されるとして、
民放がいくらなら買うのかという相場なども是非どなたか教えて下さいませ。

Appendix

Calender

02 ≪│2019/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

公約(#1)地域通貨(#1)原子力発電(#1)表現の自由(#1)改憲(#1)学校統廃合(#1)地方空港整備(#1)市民意識(#1)入札監査(#1)自虐史観(#2)市民参加(#1)談合(#3)ダイオキシン(#1)財政改革(#1)迷惑施設(#1)ゴミ処理(#1)大学誘致(#1)歴史認識(#1)議会(#1)自治体規模(#1)金太郎飴(#1)食糧安保(#1)メルマガ(#1)農業(#1)地方空港問題(#1)公教育(#1)人権(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)消費税(#1)市役所改革(#2)市長選挙(#1)年金(#1)市町村合併(#2)第3セクター(#1)台湾(#1)世襲議員(#1)政策棚卸し(#1)公式参拝(#1)ネガティブキャンペーン(#1)英霊(#1)住民自治(#1)A級戦犯(#1)民主主義(#1)靖国(#1)契約違反(#1)契約(#1)リストラ(#3)長野県(#1)生活者重視(#1)家計簿(#1)ネット利用(#1)九島架橋(#1)混合診療(#1)行政改革(#3)ODA(#1)合併(#1)事業仕分け(#1)地方分権(#1)直接民主制(#1)倫理(#1)介護(#1)情報公開(#4)会議手法(#1)教科書問題(#1)公立病院(#2)公開討論会(#2)被害者(#1)中曽根(#1)リーダーシップ(#1)地元主義(#3)食の安全(#1)プロポーザル(#1)公共放送(#1)医療(#1)政治指導(#1)加害者(#1)ゴミ減量(#3)システム(#1)イラク(#1)不法投棄ゴミ(#2)リサイクル(#1)政策決定(#1)知事(#1)マニフェスト(#4)道徳(#1)入札制度改革(#1)自虐教科書(#1)アリバイ民主主義(#1)歴史教科書(#3)チベット(#1)ジェンダーフリー(#1)入札改革(#3)コスト(#1)教科書(#1)宗教対立(#1)一票の格差(#1)田中康夫(#1)選挙制度改革(#3)まちの家計簿(#1)無駄撲滅(#2)公務員給与(#3)対中政策(#1)議員任期(#1)税金の無駄遣い(#1)安易な需要予測(#1)市民の声(#2)財政出動(#1)誇り(#1)教科書採択(#1)ローカルマニフェスト(#1)キリスト教(#1)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR