Entries

新しい民主主義実現の形宇和島でも

昨日の市長選挙で当選した石橋氏とお話を致しました。
お祝いを申し上げ、二点ほどお願いを致しました。


一点目は、
(現在のメーリングリストのメンバーに引き続きご参加いただいて続けるか、このまま「eGroups」のシステムをお借りして続けるかは別にして)
市長と意志ある市民が直接対話できる、
メーリングリストや掲示板などのシステムを残していただきたいということ。

これは、このメーリングリストが石橋新市長と私達(この複数というのが大事)をつなぐ、
便利なツールであると考えるからです。
メーリングリストの開設からの経緯でみなさんご承知の通りでありましょう。
つまり、市民の誰もが参加できて
(加入時の垣根は一切設けておりません、また発言内容の検閲も致しておりません)、
「誰が」「どういう発言」を「いつ」され、
そしてその発言が石橋氏本人に届いているということが参加者(mlに登録している人みんな)に
全て公開される。
そういうツールは、
今まで審議会・委員会メンバーに加わらなかった人が
まるで会議に参加したように意見を伝えられる機会
(それも安価(殆どコストの要らない)に参加できる)
を得られる便利なもので、
まさに真の民主主義の実現の手段となりうると考えるに至りました。
そして、
弁舌よりもひたむきに説明しようとするテキストでもって平等に会議に参加する
チャンスが得られると言うこと、
また、殆どが手弁当で参加してくれる(日当や交通費無しで)というツールなのです。

また、「IT」「IT」と言われる、今や世間一般では、常識になりつつあるツールでもあります。

そして、特に強調したいのは、
議論の過程(過去のメッセージの閲覧が可能な)がオープンであるため、
誰が発した意見であるかと言うより、
その意見の正当性でもって意見が採り上げられる可能性が高いという意味でも、
とても良いツールだということです。


>石橋氏からのコメント/文責武田
>石橋氏は、メーリングリストのメッセージにすべて目を通しているとのことです。
>また、今後も、この情報ツールの利用については、積極的に利用しようと考えて
>ますとのことです。


そこで、当面、このメーリングリストを利用して、
期待の声やご要望をどんどんぶつけて参りましょう。


そして、
お願いの二点目は、
今までの形骸化した審議会・委員会委員制度を見直して、
真に市民の意見の聞ける市長直通のオープンな組織を作って欲しいということです。

これは、市民の一般的な感覚からかけ離れた選択を過去の
審議会・委員会制度のもと(外形だけ民主主義のルールに則った形で)なされてきた
ことが疑うべくもないことであるからです。

審議会や委員会を充分に機能させるためには、
市民がその社会的立場や発言力によらず、
意識の高さや知識や経験・意欲でもって審議会委員や委員会委員として参加できて、
オープンに議論が出来る。

そして、そのことによって、
市長の施策形成の段階に影響を与え、
施策決定後は施策に市民の世論のバックアップを与え、
そして施策の実行のチェックを怠らない、
そんな市民参加の出来るシステム改革をお願いしたいとお話をしました。

例えば、行政改革を進めるにも、
市民が平凡に一般的に持っているだろう、
一部の市職員の仕事とそれに対する給与評価のアンバランスの問題や
入札における談合の疑念などなど、

今までクリアできなかった、

行政の長として判っていながら大鉈を振り下ろせなかった部分については、
私達市民の声の後押しで改革を進めて行くほか無いと思っているのです。

>石橋氏からのコメント/文責武田
>今考えているだけでも、3・4の新しい市民の意見をフラットに聞ける組織を作
>りたいとのこと、行財政改革推進・市立病院の建て替えの問題・まちづくりの問
>題等々です。

以上、今までのように行政任せにするのではなく、
このメーリングリストにご参加の皆さんを中心として、
市民として、
新たなる要請に応える準備が必要かと思います。

21世紀の地域づくりの緒とならん。uwajima_dml
 

Appendix

Calender

04 ≪│2018/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

公開討論会(#2)地元主義(#3)世襲議員(#1)人権(#1)中曽根(#1)市民参加(#1)自治体規模(#1)合併(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)住民自治(#1)公務員給与(#3)公教育(#1)マニフェスト(#4)A級戦犯(#1)チベット(#1)入札監査(#1)田中康夫(#1)道徳(#1)地方空港問題(#1)教科書(#1)金太郎飴(#1)第3セクター(#1)ODA(#1)一票の格差(#1)教科書問題(#1)リサイクル(#1)靖国(#1)市町村合併(#2)安易な需要予測(#1)契約違反(#1)議会(#1)プロポーザル(#1)税金の無駄遣い(#1)自虐史観(#2)直接民主制(#1)イラク(#1)会議手法(#1)キリスト教(#1)市役所改革(#2)九島架橋(#1)台湾(#1)事業仕分け(#1)まちの家計簿(#1)英霊(#1)年金(#1)地方空港整備(#1)大学誘致(#1)ネガティブキャンペーン(#1)消費税(#1)市民の声(#2)対中政策(#1)誇り(#1)無駄撲滅(#2)行政改革(#3)市民意識(#1)迷惑施設(#1)不法投棄ゴミ(#2)農業(#1)公約(#1)民主主義(#1)財政改革(#1)地方分権(#1)情報公開(#4)市長選挙(#1)リストラ(#3)入札改革(#3)政治指導(#1)コスト(#1)自虐教科書(#1)介護(#1)入札制度改革(#1)長野県(#1)学校統廃合(#1)アリバイ民主主義(#1)公立病院(#2)食糧安保(#1)公共放送(#1)加害者(#1)医療(#1)知事(#1)政策決定(#1)原子力発電(#1)議員任期(#1)ジェンダーフリー(#1)政策棚卸し(#1)ゴミ処理(#1)財政出動(#1)談合(#3)リーダーシップ(#1)公式参拝(#1)メルマガ(#1)ローカルマニフェスト(#1)教科書採択(#1)選挙制度改革(#3)地域通貨(#1)歴史認識(#1)ネット利用(#1)食の安全(#1)倫理(#1)歴史教科書(#3)家計簿(#1)被害者(#1)ダイオキシン(#1)ゴミ減量(#3)生活者重視(#1)宗教対立(#1)システム(#1)改憲(#1)契約(#1)混合診療(#1)表現の自由(#1)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR