FC2ブログ

Entries

2)日本を取り巻く危機

2)日本を取り巻く危機

 あるアメリカ人は、村山総理がアジア諸国を謝罪して歩いている事を聞いて、「なんで日本が50年も前のことを、いまさら謝っているのか理解できない」と言った。(同様の言は、謝罪されたアジアの首脳からも出ている。)そもそも村山(社会党)内閣ができたのは、平成5年、一部の自民党議員が党を割って新進党を結成し、その為自民党が下野したからである。返り咲きを狙った自民党は、社会党と手を組むという離れ業をやった。社会党は、与党になったとたん自衛隊、安保を容認せざるを得なくなり、革新政党としての性格を埋没しかかった。その為、何とか社会党の独自色を出したくて、おりしも戦後50年にあたり、「謝罪と補償をする」かのように受け取れる愚かな政策を打ち出した。自民党は、社会党に政権離脱されては困るのでこの要求を飲まざるを得なかった。

 これが、戦後はすでに終わったと思っていた人達にまで、金銭的欲望の火をつけてしまった。現在では、アジア諸国だけではなく欧米諸国からも戦後補償を要求される事態に至っている。特に平成11年(1999年)7月、アメリカ、カリフォルニア州議会で、「第二次大戦中の強制労働について2010年まで損害賠償の請求ができる」と定める法案が成立した。これに基づいて、現在、日本企業をターゲットにした損害賠償訴訟が次々と準備されている。戦後50年以上たって、どうしていまさらこのような法案がカリフォルニア州議会で成立したかと言うと、法案成立の背景には、国際的な中国人の組織が、南京虐殺に基づく日本の非道を根拠に世界各国に働きかけているからだと言う。欧米諸国からの、「戦時中の捕虜に対する強制労働」に基づく日本企業への損害賠償請求額は、100兆円を超えると言う試算もある。このままでは、日本経済はますます衰退するであろう。少なくとも更なる不況とリストラの為、新たな犠牲者が多数出る日は遠くないかもしれない。

 「何を馬鹿な」と思われるかもしれないが、アメリカを甘く見るのは間違いである。マクドナルドのコーヒーが、ドライブスルーでこぼれただけで、賠償金1億円の判決が下る国である。物事は、自分を基準に考えていると大変な墓穴を掘る。しかも原告の裏には、以前同様の補償を起こすことで多数のドイツ系企業から多額の「和解金」をせしめた訴訟のプロがついている。アメリカは日本の想像を絶する訴訟社会であり、訴訟で金儲けを考える者が多数いるから厄介なのだ。

 しかし、これは「訴えていただければ、なんらかの補償を検討します」のようなことを言った日本政府が自ら掘った墓穴である。謝れば謝るほど、無制限に要求が突きつけられ、もはや日本は片足を底無し沼に踏み入れたと言ってよい。逆に日本は、戦時中、外国から受けた日本兵捕虜に対する虐待や、民間人の大量虐殺に対し、欧米諸国に何ら謝罪も補償も求めていない。この仕組みは、教科書問題の根幹であるから後で説明する。

 政治家は、あてにならない。もとはと言えば、「社会党」が独自色を出すために、全国民の利益が犠牲にされたのである。社会党は、今や国民に見放され見る影もないが、彼らの残した禍根は、長く日本国民を苦しめるだろう。彼ら政治家は、以下の理由で日本国の政治家としての資格は無い。

1.自分の国、および日本国民を本気で護ろうという決意が無い。

2.歴史に関する無知。筆者はこの件で、「無知は罪悪」だと知った。

3.国際感覚、ないしは国際的な経験の欠如。言いかえれば、世界の荒波にもまれていない「井の中の蛙」である。井の中の蛙であるが故に、井の中の常識でしか物が考えられない。それは昨日まで、「周囲の状況が時代と共にどんなに変化しても目をつぶり、平和憲法にさえすがっていれば、平和でいられる」と盲信する人達が、急に責任ある立場になってしまったためであり、幾分かは同情の余地もある。むしろ党利党略で動いた一部の保守政治家こそ、もっと「国民の利益」を守ることに視野を向けるべきだったのではないかと思う。

教科書採択に市民の力を

特定の教科書をねらい打ちにした、採択反対運動が行われていますね。
「お母さんが、そして主婦が反対。現場の教員が反対。」
メディアの取り上げ方も偏っていますよね。
朝日・毎日の取り上げ方と、読売・サンケイの取り上げ方は違います。
愛媛新聞はどうでしょう。(笑)

首相の靖国参拝について、
三権の長と称される衆議院議長が発言しましたね。
「おいおい、中国に気に入られるためには、何でも在りかよー」と思ったのは、
私だけでしょうか?
確かに地理的に近い国々とは良好な関係を保っていくに超したことはありません。
しかし、日本の魂を捨てて良いのですか?

金の亡者になってしまった、
財界の一部大馬鹿者どもが自国の尊厳よりも金を優先させていることは、
本当に腹立たしく思ってしまいます。
「中国新幹線の受注に影響するから、参拝は控えて欲しい」だとか、
不買運動が怖いのか、
「中條(アサヒビール名誉顧問)氏の発言は、個人的な発言で、社としては関知していない」なんて、
言い逃れてしまうなど。
財界の一部は、お金という魔物に完全に魂を抜き取られております。

あなた方の親の世代が、命をかけて守ろうとしたものは何なのでしょうか?

どうして、たくさんの若者が自分の命を散らして、この国土を守ろうとしたのか?

老いた父母・幼い弟や妹を守るために自らが盾となろうと戦地へ赴いた、
名も知れぬ兵士の思いの集まる靖国で、不戦を誓うことを何にはばかる必要があるというのでしょう。

私たちに必要なことは、「一部の運動家の意見が、さも大多数の世論だ」と言うような、
一部メディアの騙しのテクニック(世論操作の)に乗らず、
自らの価値観に基づいて判断することだと思います。
そして、機会が有れば、その良心に従って意思表示することをお願いしたいと思っています。

授業を放っておいて、労働組合運動に奔走する教員が大声で特定の教科書を批判して、
その教科書が検定に合格したことまで非難して、
教科書採択の土俵に上がることも許さないと主張するのです。
教科書は国が決めてしまうというどこかのお国とは違いますのに・・・。
また、仕事もしないで子育ても放っておいて教科書選定に圧力をかけるよう過激な運動をするお母さんは、
いろいろなところへ出かけて反対の呪文を唱えます。「何かおかしい」と気づくべきです。

日本の国を、日本の歴史を、日本の伝統や祖先を否定する教科書が良いのでしょうか?
もっと言えば、
どうして自分たちの国の子らを教え育む教科書の選定に他国の干渉があるのでしょう?
確かに日本は、お隣の国とは違い、「どんな意見でも述べることが許される」自由な国であります。
ですから、教科書採択に対して、
どんな意見があろうと、それが発せられることは認めなければなりません。
しかし、ここで問題なのは、運動家の行動が、
『古くは親朝(北朝鮮が理想国家であると言ってさえいた皆さん)でもあったりした』
親中(中国の言いなりの皆様)派の多いメディアに増幅されて、
「新しい歴史教科書」を認める立場の発言を押さえつけようとしていることです。

今一度、冷静に見つめ直しましょう。
発言を押さえつけるような運動は非難されなければなりません。
様々な意見があることを認め、たどり着いた結論をとりあえず(誤謬性を認めて)良しとして、
常に少数意見に耳を貸して、その結論を見直していく、そう言う国であって欲しいのです。

なのに、今の日本は・・・。
そんな日本に生きていると言うことを、冷静に考えましょう。

教育を考える/歴史教科書の問題を主題として(全文)

1.教育とは何か

 教育とは、国の未来を担う子供たちを育むものであります。

 そして、子供達を伝統や文化といったその地域やその国固有の知恵にふれさせて、
 社会で生きるための素養を与えるためのものであります。
 その素養は、ある地域では神の存在や宗教を基盤とし、
 ある地域ではコミュニティーのルールを、あるいは自然と共に生きるルールを基盤とし、
 またある地域では倫理的尺度(道徳観)を基盤とします。
 つまり、すべてが、私の外にある「公」というものを教えることによって、
 社会の中で生きるためのルールを会得させるものであり、
 それらは歴史や伝統の中で教え育むものであります。
 そうすることで、人間として健やかに豊かに育ち幸せになってほしい、
 そういう願いを込めたものであります。

2.現在の歴史教育の現状

 現在の教育の有様を、
 今日は、歴史教育の現状をお伝えすることを題材としてご判断いただきたいと思います。
 一言で言うと、現在の日本の歴史教育は著しくバランスを欠いた記述が多い教科書を使って
 行われているということです。
 現在使われている教科書に目を通すと、
 「これでは、とても自分の生まれた国に誇りを持てない」そう誰もが感じることでしょう。
 「こんな教材でもって成される指導が教育であると言えるのか?」と思うのです。

 たとえば、文化が華やかに隆盛し、 世界史上、奇跡と言はれている平和な江戸時代をも、
 抑圧された暗黒史観で書いています。
 蒙古襲来は「侵攻」、秀吉の朝鮮出兵は「侵略」と書き分けています。
 終戦間近に日ソ中立条約を破って日本を攻めたソ連の参戦は、
 「攻撃」「侵入」「宣戦」「進撃」と書きます。
 世界の多くの歴史家が驚嘆する、革命的な体制変革「明治維新」もしかり、
 明治政府の初代総理大臣である伊藤博文の思想やその行動を十分に伝えず、
 博文を暗殺した韓国の安重根(アンジュングン)の顔写真や祖国で英雄扱いされる様子を
 巻頭グラビアの1ページを割いて掲載している教科書もあります。

 特に、本日問題としたいのは、先の大戦についての記述であります。
 日本という国に対して悪意さえ感じる記述があふれています。
 この教科書は、どこの教科書なのだろうと感じられることと思います。
 ある国は、反日教育(小学校の歴史教科書の三分の一を日本の侵略戦争の記述に使っている)
 をすることによって、自国のアイデンティティーを守ろうとしていると言いますから、
 まさにその国の教科書の日本語訳と見て取ったとしてもまったくおかしなことではありません。

 戦争は誰も欲しません。
 ただ、国と国が様々な外交手段を経て解決できなかった先に、「避けられずに戦争」
 という外交手段をとることがあったことを、歴史は否定しません。
 いかに平和を願っていても、戦争を避けられない場合もあるのです。
 そういう場合の一つであった、先の大戦開戦の経緯を説明せぬまま、
 自らの祖先を卑しめ、日本だけ悪いことをしたと言うようなアンバランスな教育は、
 まさに「自虐史観」と呼ぶべきかと思います。
 戦勝国は、一度も裁かれません。戦勝国が歴史を作るのが常であります。
 しかし、世界中で狂気のない戦争を行ったところは一つもないと思いますし、
 自分の意志で戦争を行った国は、すべて悪いことをしたと言えます。
 どこの国も自分の国の利益を考えて戦争したはずです。

 当時の世界情勢を考えてみましょう。
 平和な現代では想像もできないと思いますが、
 江戸時代末期から第二次世界大戦が終結して数年を経るまで、
 侵略するか侵略されるかどちらの側になるかという時代でした。
 アフリカの国々の国境が民族や地形に関わらず直線なのはなぜでしょう。
 アジアの国々の多くも、植民地となるか抗して戦うかの選択をしなければならない状況であった
 のです。
 しかしながら、日清・日露は、「日本の大陸侵略」(日本書籍)、
 「帝国主義の世界と日本のアジア侵略」(大阪書籍)という風に、
 日本の戦争を必ず、悪のイメージで捉える歴史観が、教科書を支配する現実があります。

 事実でない残虐な反日プロパガンダの挿し絵を教科書に使っています。
 それらが、いったい子供にどういう影響を与えると思っているのでしょう。
 日本軍がこのような残虐な行為を行ったとして「乳房切り残虐壁画」を載せています。
 (人を柱に縛り付けて乳房をえぐり取るという行為は、
  中国の元朝以来、歴代の王朝が受け継いできた正規の刑罰のひとつです。)
 明らかに、この壁画は、敵を悪魔のように描き出して敵意を煽る、
 「戦時プロパガンダ」の一種なのです。
 侵略戦争と教え、従軍慰安婦という現代においては悲しむべき商行為
 (当時は当たり前のように行われていた)を強制連行や日本兵による強姦と混同するような表現をとります。
 南京大虐殺も、終戦直後、全国紙が掲載した日本軍残虐事件暴露シリーズでは、
 「近代史最大の虐殺事件として証人たちの述ぶる所によれば、
 このとき実に二万人からの男女、子供たちが殺戮された」喧伝されました。
 占領政策による特集記事でさえそういう実数を上げているのです。
 いつの頃からか、
 日本が経済復興を果たした昭和40年代初頭、突如その数字は十倍にふくれあがったのです。

 日本軍は恐るべき残虐行為をやってしまった。
 そうは教えても、インドネシアの独立記念日に日本の軍歌がパレードで演奏されていることや、
 多くの台湾人が「日本精神(ジップンチェンシン)」を誇りにして親日である事や、
 パラオ共和国の国旗がなぜ日の丸の旗に似ているのかなどは教えません。
 インドネシアでは、日本が敗戦したのをみて再び植民地にしようと帰ってきたオランダ軍相手に、
 二千人の日本兵が残り、その半数が命を落としたのです。
 4年に及ぶ激戦の末350年のオランダ支配から独立を勝ち取ったことも伝えません。

3.戦勝国による、歴史作り

 この歴史の「歪曲」は、
 一つに戦後の占領政策、
 GHQによるウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(戦争有罪洗脳計画)によります。
 「アメリカと日本の対立」を「日本の軍国主義者と国民」との対立に置き換えたのです。
 その上に、マルクス主義の階級史観と東京裁判史観とが
 「日本国家の否定」という共通項を媒介にして合体し、
 先の洗脳工作をより強く押し進めてしまったのです。

 戦後の日本は、戦勝国による愚民政策・植民地化政策にはめられたのです。
 その時代はというと、アメリカにおいて黒人に市民権も公民権もまだ無い、
 白人にのみ自由の国であった時代です。
 そんな時代にあって、植民地化されていない有色人種の極東の島国・小国「日本」はとても
 恐れられていたのです。
 この歴史と伝統に裏打ちされた「日本」という国は、日露戦争が終わった頃に、
 アメリカに仮想敵国とされました。
 なんと、真珠湾攻撃の三ヶ月前にローズヴェルト大統領が署名した
 「(日本本土爆撃の)軍事行動計画書」が作成されていたことも明らかになっています。
 そんな日本を、骨抜きにしてやろうと、その手段が、武力で負けただけの日本を、
 精神の気高さで負けたのではなかったのに、
 「日本人の精神と歴史を悪」と否定して教育しようと言うプログラムだったのです。

 また、もう一つの「歪曲」の理由は、日本に侵略を受けたと言う外国の圧力によります。
 それらの国が、「歴史認識を共有せよ」と言うのは、
 彼らと日本がお互いに譲り合って共通の歴史認識を「新たに作る」訳ではなく、
 日本が100%譲歩して彼らの歴史認識を受け入れ、彼らに服従することに他ならないのです。
 教科書やマスコミの情報から、親日アジアの声はほとんど聞こえてきません。
 歪曲してアジア全体が日本を恨んでいるとしか流さないのです。
 先に述べたような親日アジアの声は無視しているのです。
 まさに、反日でまとめている外国のプロパガンダ(戦意高揚の宣伝)が日本の子供達の教科書にのり、
 多くのマスコミが、日本の歴史を否定する戦争有罪洗脳計画にのったままでいるのです。

 イラクでの戦争をみてもそうですが、情報戦はその時々の情報技術を駆使して行われます。
 たとえば、真珠湾攻撃を奇襲としたのは、
 「リメンバー・パールハーバー」という国家的情報操作だと言われています。
 先に述べた、南京大虐殺もねつ造だと言われています。
 (イラクでも、歓迎を装う住民のテロ行為や便衣兵の攻撃による米軍兵士の犠牲が出ています。
  そんな背景があれば、非戦闘員と見える市民に犠牲が出ることも理解できると思います。
  平時の常識で、戦時の異常な状態を計ること自体戒められなければならないのです。)

 情報戦で歪めた歴史を利用して経済協力を引き出す「経済カードとして使う」国もあるのです。
 ちなみに、日本はある国に、2兆4千億円と言う巨額の経済援助をしています。

 敗戦で敗走する日本人に対してロシアは何をしましたか、
 中国は何をしたのでしょう。
 教科書には載りません。
 原爆ドームを世界遺産登録することに反対した国もありますが、
 それを大きく取り上げるマスコミも少ないのです。
 原爆の碑文が象徴します。
 「過ちは二度と繰り返しませんから」私たちに過ちがないとはいません、
 しかし、あの大きな犠牲を生んだ過ちは、投下を決定した国も負うべきものではないでしょうか。

アジア各地で行われていた不当な戦犯の処刑は、
 1068人の命を奪った後に朝鮮戦争勃発で停止しました。

 そして、マッカーサーは、
 「怒涛のように押し寄せる共産主義の防波堤として、日本が孤立無援で戦ってきた」その意味を理解し、
 朝鮮戦争の際、旧満州や中国まで爆撃する必要性を主張しているのです。
 米国議会が承認しなかったために実現されなかったのですが、
 公開された公文書から明らかになった事実であります。

 謝罪外交行脚する日本の総理大臣に「なぜ謝罪するのかと問う、ある国のリーダー」
 この国に対して、あるメディアは、
 その国の平均的な収入の40年分の金額を示して元従軍慰安婦を捜したといいます。
 なんと、朝鮮名の広告主が募集する従軍慰安婦募集の広告があったりするにもかかわらずです。
 ある国の半日運動家は、挺身隊で連れて行かれたものが慰安婦にされるというデマを流しました。
 まさに、情報戦であります。
 戦場で起こりうる、非日常の中の強姦事件と慰安所設置は違うのです。
 また、ある国は、首相の靖国参拝に難癖をつけ、首脳交流停止を続けるのです。

4.そして、今、「日本社会荒廃の危機」

 こうして、日本人自らが、自分たちの歴史を否定し続け、
 自分を尊重できない人間を生んでいる教育があり、この日本社会の荒廃があります。
 特に少年層の荒廃の根には、自虐史観による歴史教育があると強く思っています。

5.国家百年の計「教育」を考える

 教育の重要性は、あえてここでお話しすることもないでしょう。
 歴史教育は、自分の国の成り立ちや先祖の活躍を学ぶ「人間教育」であります。
 ですのに、歪んだ歴史教育によって自己肯定感を持てない子供達がどんどんと生まれています。

 ロータリークラブに入会して1年、諸先輩方とお話しして、
 今の子供たちの教育に必要なのは、戦争をご経験され、
 戦後の復興のご苦労をなさった先輩方の関与であると、強く思いまして、
 不遜にも、このようなテーマでお話をさせていただきました。
 言葉足らずを諸先輩方の寛容で補っていただきますことを最後にお願いいたします。
 ありがとうございました。

Appendix

Calender

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

市役所改革(#2)情報公開(#4)リストラ(#3)合併(#1)市町村合併(#2)公務員給与(#3)安易な需要予測(#1)住民自治(#1)家計簿(#1)市民参加(#1)行政改革(#3)直接民主制(#1)地方空港問題(#1)地方空港整備(#1)自治体規模(#1)民主主義(#1)キリスト教(#1)メルマガ(#1)加害者(#1)ダイオキシン(#1)道徳(#1)表現の自由(#1)学校統廃合(#1)農業(#1)ゴミ処理(#1)財政改革(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)アリバイ民主主義(#1)ローカルマニフェスト(#1)政策棚卸し(#1)プロポーザル(#1)改憲(#1)歴史認識(#1)入札監査(#1)第3セクター(#1)財政出動(#1)中曽根(#1)対中政策(#1)議員任期(#1)まちの家計簿(#1)迷惑施設(#1)歴史教科書(#3)被害者(#1)食糧安保(#1)ネガティブキャンペーン(#1)イラク(#1)選挙制度改革(#3)公開討論会(#2)自虐史観(#2)不法投棄ゴミ(#2)宗教対立(#1)公約(#1)政策決定(#1)教科書(#1)チベット(#1)原子力発電(#1)ODA(#1)食の安全(#1)事業仕分け(#1)公立病院(#2)市長選挙(#1)システム(#1)ジェンダーフリー(#1)大学誘致(#1)会議手法(#1)知事(#1)台湾(#1)人権(#1)倫理(#1)田中康夫(#1)入札制度改革(#1)年金(#1)ネット利用(#1)公教育(#1)生活者重視(#1)教科書問題(#1)無駄撲滅(#2)介護(#1)リーダーシップ(#1)地域通貨(#1)A級戦犯(#1)靖国(#1)教科書採択(#1)公式参拝(#1)長野県(#1)契約違反(#1)市民意識(#1)コスト(#1)談合(#3)金太郎飴(#1)税金の無駄遣い(#1)地元主義(#3)英霊(#1)混合診療(#1)契約(#1)政治指導(#1)地方分権(#1)マニフェスト(#4)ゴミ減量(#3)一票の格差(#1)自虐教科書(#1)議会(#1)誇り(#1)公共放送(#1)市民の声(#2)九島架橋(#1)世襲議員(#1)入札改革(#3)リサイクル(#1)医療(#1)消費税(#1)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR