Entries

市長選挙出馬表明資料・メルマガ「黎明2009年 6号」

一緒に、地域の未来を考えませんか?
「変わらなきゃ、宇和島!」【黎明】
 武田元介のまちづくり講釈 メールマガジン版
===========================================================
本日行った、記者会見の配布文書1です。


//ここから
各位様
                                 武田 元介

 本日は、お忙しいところ、宇和島市長選挙への立候補表明の場に足をお運びいただきありがとうございます。
私 武田元介は、現状の宇和島市政のあり方に疑問を呈し、
市民参加の地域づくりと市民参加の市政運営を実現するべく、
今回市長選挙に立候補することと致しました。

 現在の宇和島市政、
市民本位の生活者重視の政策決定が成されているかというとはなはだ疑問であります。

 改革派として市民に選ばれ、市民派の新しいリーダーとして登場した石橋市政がおおかた10年、
私も市の補助金検討委員会の委員長として、
市の行う補助金・助成金・負担金の全てを担当部局から説明を受けて見直しの答申などを出すことも致しました。いくつかの公職を頂き、その職に携わる中で、
市民としての声が如何に行政へ届いていかないのかを実感し、
無力感にさいなまれたのでした。
また、2001年の宇和島市長選公開討論会のコーディネートをして以来、
多くの選挙(選挙運動ではありません)に関わることをし、
「政策重視の選挙」が行われるよう、
住民一人一人が当事者であると「意識」を変えることで政治を変えていこうと努力してまいりました。
 一方、趣味のトライアスロントレーニングの日記と併せて、
様々な地域の問題等について解決策や私の思いというものをネット上で公開をしたり、
「変わらなきゃ、宇和島」というメルマガの配信などをして参りました。

 そんな中で、地域づくりをしていくために最も効率の良いのは、
自分自身がその中枢に入り、リーダーとして旗振り役をすること、
それに優るものはないと思ったのです。
ただ不平不満を言ったり批判するのではなく、具体的な解決策も含めて発信してきたつもりですが、
残念ながら今の宇和島市では、私たちがどれだけ訴えても市政が変わらないということを知ったからでもありましょう。
 また、臓器売買事件に端を発した、宇和島市立病院への処分問題、
私たちの病院である宇和島市立病院が犯罪組織であるかのごとく扱われることに、
そして多くの患者さんが立ち上がることになる万波医師らの処分問題に、
患者さん方や医師グループと供に関わっていく中で、
政治・行政の理不尽を改めて知らされることになったのです。
この運動では、患者さんと供に街頭でアピールをし、ビラを配ること10ヶ月、
また、何人もの国会議員の方とお会いする機会を持ちました。
 首長経験者や議員さん、議員OBの方々、商工会議所や商工会の役員の方々、
その他PTA等の役職を務められる方々、JCやロータリークラブのメンバーやOB、
同級生の集まりなど、個人的なつながりで話し合う度に、
このままではいけない「もう、ほっとけん」という思いも高まって参りました。
 そして、市民が意識を変え、そのことで地域を再生しようと昨秋スタートした街頭演説も10ヶ月目となっています。
私が市長選に出馬するということについては、
議員経験も行政経験もない「素人が」という声が出ることは覚悟をしています。
しかし、そういう経験者が行ってきた政治というものが現在の宇和島市の停滞というものを生んでいると思うのは私だけでしょうか。
 私は、選挙に出るために慌ててマニフェストを作ったり、
自分の言葉ではない選挙目当ての公約を並べたりすることはなく、
今までの活動の中で、既に宇和島市への政策提案とその実現への道筋を示してきたつもりでおりますので、
経験値に対する不安は取り払っていただけると思うのです。
私の今までの主張をご覧頂きたいと思います。
また、リーダーの資質としては、多くの方の知恵を借り、多くの方の声に耳を傾ける、
その中からよりよいプランや意見をいかに取り入れることが出来るかというセンスが重要なものであると思うのです。
 別紙にお示しをした政策をご覧頂き、宇和島市をどう変えていくべきなのか、
そして、市民皆でその実現を果たすためにいかに行動していくべきなのかを、
供に考え発信をしていただきたいと皆さんにお願いをして、
立候補表明のご挨拶とさせて頂きたいと思います。

どうかお力を武田元介に、そして何より宇和島市にお貸しください。
                       以上

公開討論会の実施実績
 宇和島市長選・旧三間町議会議員選挙・旧三間町長選挙・旧津島町長選挙
 旧津島町議会議員リコール請求討論会
 愛媛県議会議員選挙旧宇和島選挙区・県議会議員旧北宇和郡選挙区
 新内子町長選挙
 

配布資料 
プロフィール
私が特に意識すること
政策マニフェスト
主張

その他  ホームページ http://motosuke.net/
ブログ http://motosukenet.i-yoblog.com/
メールアドレス m_takeda@motosuke.net
政策発信基地
    宇和島市(略)

Appendix

Calender

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

地域通貨(#1)入札制度改革(#1)一票の格差(#1)政策決定(#1)ODA(#1)公式参拝(#1)ローカルマニフェスト(#1)介護(#1)チベット(#1)地方空港整備(#1)ダイオキシン(#1)消費税(#1)迷惑施設(#1)自虐史観(#2)政治指導(#1)無駄撲滅(#2)市町村合併(#2)金太郎飴(#1)市民の声(#2)まちの家計簿(#1)改憲(#1)地方空港問題(#1)安易な需要予測(#1)宗教対立(#1)靖国(#1)第3セクター(#1)合併(#1)行政改革(#3)長野県(#1)選挙制度改革(#3)システム(#1)表現の自由(#1)直接民主制(#1)リストラ(#3)混合診療(#1)人権(#1)誇り(#1)ネガティブキャンペーン(#1)大学誘致(#1)市民参加(#1)メルマガ(#1)地方分権(#1)被害者(#1)公立病院(#2)不法投棄ゴミ(#2)住民自治(#1)教科書問題(#1)財政改革(#1)公共放送(#1)入札改革(#3)キリスト教(#1)学校統廃合(#1)公開討論会(#2)議会(#1)談合(#3)情報公開(#4)歴史認識(#1)原子力発電(#1)九島架橋(#1)リサイクル(#1)地元主義(#3)医療(#1)歴史教科書(#3)ごみ処理費用の外部化(#1)入札監査(#1)道徳(#1)台湾(#1)議員任期(#1)農業(#1)事業仕分け(#1)倫理(#1)公務員給与(#3)知事(#1)ジェンダーフリー(#1)自治体規模(#1)自虐教科書(#1)教科書採択(#1)食の安全(#1)マニフェスト(#4)契約(#1)コスト(#1)中曽根(#1)A級戦犯(#1)プロポーザル(#1)英霊(#1)ゴミ処理(#1)会議手法(#1)民主主義(#1)リーダーシップ(#1)ゴミ減量(#3)政策棚卸し(#1)市民意識(#1)市役所改革(#2)公教育(#1)税金の無駄遣い(#1)食糧安保(#1)公約(#1)イラク(#1)年金(#1)世襲議員(#1)加害者(#1)市長選挙(#1)ネット利用(#1)教科書(#1)生活者重視(#1)家計簿(#1)田中康夫(#1)契約違反(#1)アリバイ民主主義(#1)対中政策(#1)財政出動(#1)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR