FC2ブログ

Entries

A級戦犯合祀について/後藤田正晴氏「現論/愛媛新聞」への反論

本日の愛媛新聞「現論」覧に後藤田正晴氏の主張が載せられた、
私の認識と大きく違う点があるので指摘してみたいと思います。

具体的には、氏が、A級戦犯(戦勝国による不当な事後法によるリンチ)として
処刑された人たちを靖国神社が独自の判断で合祀したとした点について、
事実誤認として指摘したいと思います。
その他の合祀することの可否や首相が靖国神社を参拝することの可否など、
あるいはODAのにあり方ついてなど、氏のご意見の多くの部分については、
各々が別個独立に持つものであり、異同によって発言を妨げることなどしたくないと
思いますけれども、
氏の持つ情報収集力を考えれば、事実と反する情報で世論を操作しようとしているのではないかいう
意志があるとさえ思える氏の寄稿については、
事実と反する点を、僭越と思いながらも指摘しなければならないと思います。


 さてさて、昭和27年4月のサンフランシスコ条約で、戦争状態が終結され、
やっと占領下から解き放たれた我が日本国国会は、
即座に「戦犯」の名誉回復に取り組んだのです。
今の国会の体たらくと比べなんとも頼もしい限りです。

 国会では、
戦犯とされた方々の遺族が遺族年金などの国家の補償を受け取れないことなどを問題として、
昭和28年8月に「遺族援護法」の改正を果たしたのです。

そして、旧敵国の軍事裁判(不当な)で有罪とされたいわゆる「戦犯」を国内法で犯罪人とせず、
遺族に対し年金と弔慰金が支給されることになったのです。
(議決は全会一致であり、A級・BC級の区別などされていない法律です。)
事実、公文書では、「戦犯の刑死や獄死」は、
「法務死」とされており、戦犯とされた方々の名誉回復が方の上でもなされたのです。

 また、靖国神社の場合、祀る祭神を決定するのは、靖国神社自身ではなく、
終戦までは陸軍省・海軍省であり、
終戦後は厚生省なのです。
厚生省が作った「祭神名票」に従って、
靖国神社は「霊璽簿」を作り、
新たな祭神にお加えしてお祀りするのが靖国神社なのです。
けして、独自の判断でお祀り(合祀)されたものではないのです。
つまり、いわゆる「戦犯」も厚生省からの「祭神名票」に従って、
正当な手続きによって、祭神に加え(合祀)られたわけです。
この点については、後藤田氏の指摘は間違っているのです。

後藤田(父)氏に対して、警察官僚出身の政治家として、
比較的清廉潔白なイメージを持っておりますが、
近代の歴史認識や特に中国・韓国に対する弱腰は、
祖国を守るため命をかけて戦って彼地に先立った英霊に如何にして
申し開きをするおつもりだろうと思ってしまいます。

 もっと言わせていただければ、
時の官房長官として、
中曽根首相ら全閣僚による靖国公式参拝(公私の区別など無い)について、
「今後は、首相の行動が外交問題化するのは避けるべき」との魂を売り渡すがごとき談話を発表し、
以後、公人の靖国参拝が、中韓の外交カードとして当然のように使われ始めたことは、
本当に責められるべき事と考えます。

息子さんきれいな女優さんをお嫁さんをもらったから申すわけではないことは、
ご理解いただけるでしょうね。(笑)

Appendix

Calender

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

アリバイ民主主義(#1)生活者重視(#1)田中康夫(#1)一票の格差(#1)選挙制度改革(#3)安易な需要予測(#1)公立病院(#2)政治指導(#1)介護(#1)民主主義(#1)世襲議員(#1)情報公開(#4)台湾(#1)歴史認識(#1)靖国(#1)コスト(#1)長野県(#1)システム(#1)会議手法(#1)市町村合併(#2)公務員給与(#3)談合(#3)地域通貨(#1)マニフェスト(#4)キリスト教(#1)入札制度改革(#1)まちの家計簿(#1)家計簿(#1)公開討論会(#2)財政改革(#1)リサイクル(#1)公共放送(#1)食糧安保(#1)不法投棄ゴミ(#2)農業(#1)自虐教科書(#1)表現の自由(#1)混合診療(#1)食の安全(#1)第3セクター(#1)イラク(#1)宗教対立(#1)ローカルマニフェスト(#1)大学誘致(#1)プロポーザル(#1)入札改革(#3)市民参加(#1)教科書(#1)リーダーシップ(#1)地方分権(#1)迷惑施設(#1)医療(#1)中曽根(#1)無駄撲滅(#2)英霊(#1)加害者(#1)メルマガ(#1)公教育(#1)契約(#1)教科書採択(#1)地方空港整備(#1)公約(#1)人権(#1)倫理(#1)ネガティブキャンペーン(#1)直接民主制(#1)財政出動(#1)九島架橋(#1)市長選挙(#1)ODA(#1)誇り(#1)市民の声(#2)公式参拝(#1)改憲(#1)入札監査(#1)道徳(#1)契約違反(#1)事業仕分け(#1)議会(#1)議員任期(#1)行政改革(#3)教科書問題(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)ネット利用(#1)政策棚卸し(#1)知事(#1)チベット(#1)対中政策(#1)金太郎飴(#1)自虐史観(#2)A級戦犯(#1)ゴミ減量(#3)ダイオキシン(#1)年金(#1)リストラ(#3)学校統廃合(#1)住民自治(#1)ゴミ処理(#1)税金の無駄遣い(#1)自治体規模(#1)原子力発電(#1)地方空港問題(#1)市民意識(#1)歴史教科書(#3)消費税(#1)被害者(#1)地元主義(#3)政策決定(#1)ジェンダーフリー(#1)合併(#1)市役所改革(#2)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR