fc2ブログ

Entries

給与適正化/市役所組織の活性化を

 石橋市長は、5段階評価で人事評価をしていくと指示を出していますが、
現実には一番良い評価と一番悪い評価に該当する方は0です。
およそ九割が中間の評価で、少し良い評価と少し悪いという評価を合わせて
一割にも満たないのが現実です。
言うまでもなく人事評価はどこにでもあるべきです。
たとえ評価しにくい仕事であっても評価に取り組み、そうするうちに評価方法の
正しさが高まると思っています。また、5段階に分けて評価する目標があっても、
それはけして、S評価(一番良い)が何人だとかD評価(一番悪い)が何%だとか
あらかじめ決めて臨む相対評価では無く、期首に立てた目標の達成度を評価の柱に
据え、その達成度合いによって評価する絶対評価を基本にすれば良いと思います。
ですから、良い評価の方が8割在っても、その人事評価を否定することはしません。
また、その差がどこまでつけばいいという話をするつもりもありません。

まず評価があるべきだという考えに立ち5段階で評価をしていくこと。民間で
人事評価は当たり前なのです。
そして、正職員の方の平均給与が581万円、嘱託の方が200万円、
臨時の方が193万円、この制度の中では、組織のモチベーションはこれ以上
上がらないと思います。
また、組織を効率化して、人員削減に取り組むことは必要です。
そして、給与表に縛られて、採用からの年数で給与が誰でも上がっていく制度の
中で人件費を削減するためには、正職員を削減して別の給与表で雇用できる職員
を増やすことが必要です。
しかし、給与の差が3倍もある現状のままで、これ以上人を切っていくと、
組織の機能は維持できなくなるとも思います。
正職と臨時、嘱託の間に余りにも格差があり過ぎるのです。
2倍どころではない、3倍の差があるのです。
組織のモチベーションを上げるために、新たな制度が必要だと考えます。
そう言う意味でも、市役所の仕事の評価に取り組むことは大切なことで、
中間的な準職員的な、頑張れば現状の正職員の待遇にまで追いつく追い越す
給与の得られる人事評価に基づく新たな雇い方を作っては如何でしょう。

現制度化では、人員削減をしなければ予算削減はできません。
当たり前に給料が上がっていく人ばかりたくさん抱えていたら、
組織のリストラはできません。
逆にがんばって仕事をしても給与が上がらない人が増えていけば、
組織の効率アップは望めないでしょう。
組織がより効率的に機能するためには、適正な評価が必要なのです。
一方、よい人材を確保するためには、他の団体や企業に負けないくらいの
700万円でも、800万円でも1,000万円でも到達するだけの準備が必要です。
人材を確保するには、宇和島市としても、適正な人事評価に基づく高い給与の準備は
必要です。
けれども、どんな仕事をしていても同じ給与表で給与が上がっていく人が多ければ
多いほど組織は効率を下げるのです。
ですから、組織を活性化するためにも、リストラ(本来の意味の)が必要なのです。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://motosuketrd.blog.fc2.com/tb.php/1667-4f392111

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Calender

03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

契約違反(#1)政治指導(#1)食糧安保(#1)入札改革(#3)民主主義(#1)市民意識(#1)原子力発電(#1)リサイクル(#1)キリスト教(#1)九島架橋(#1)自治体規模(#1)英霊(#1)情報公開(#4)合併(#1)誇り(#1)議員任期(#1)歴史教科書(#3)事業仕分け(#1)公約(#1)ネガティブキャンペーン(#1)行政改革(#3)教科書(#1)選挙制度改革(#3)公教育(#1)知事(#1)入札制度改革(#1)公立病院(#2)地方空港問題(#1)政策棚卸し(#1)対中政策(#1)システム(#1)税金の無駄遣い(#1)イラク(#1)倫理(#1)契約(#1)入札監査(#1)直接民主制(#1)メルマガ(#1)プロポーザル(#1)政策決定(#1)リーダーシップ(#1)コスト(#1)会議手法(#1)迷惑施設(#1)宗教対立(#1)人権(#1)家計簿(#1)議会(#1)談合(#3)大学誘致(#1)公式参拝(#1)台湾(#1)混合診療(#1)地方分権(#1)道徳(#1)公務員給与(#3)ゴミ減量(#3)A級戦犯(#1)介護(#1)地元主義(#3)アリバイ民主主義(#1)歴史認識(#1)中曽根(#1)自虐史観(#2)世襲議員(#1)ダイオキシン(#1)消費税(#1)公開討論会(#2)農業(#1)安易な需要予測(#1)マニフェスト(#4)無駄撲滅(#2)少子化対策(#1)地域通貨(#1)靖国(#1)加害者(#1)ODA(#1)長野県(#1)田中康夫(#1)学校統廃合(#1)食の安全(#1)市民参加(#1)市民の声(#2)地方空港整備(#1)市役所改革(#2)ゴミ処理(#1)ジェンダーフリー(#1)まちの家計簿(#1)市町村合併(#2)財政改革(#1)表現の自由(#1)財政出動(#1)住民自治(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)自虐教科書(#1)教科書問題(#1)教科書採択(#1)チベット(#1)年金(#1)医療(#1)生活者重視(#1)市長選挙(#1)第3セクター(#1)被害者(#1)改憲(#1)不法投棄ゴミ(#2)リストラ(#3)ネット利用(#1)公共放送(#1)ローカルマニフェスト(#1)金太郎飴(#1)一票の格差(#1)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR