FC2ブログ

Entries

今度の選挙は、マニフェスト型公開討論会で

 一般的にマニフェストとは、政策について

数値目標

達成期限

財源

実行の手順 を明記した公約とされております。

これは、英国で使われるマニフェストを直輸入した解釈でありまして、
日本の地方自治体の選挙では、この要件全てを満たした「公約」を作って行くには、
まだまだ厳しいところが有ろうと思われます。

そこで、今回宇和島市長選挙で取り組んでみてはと主張したいのは、
美辞麗句、良いことばかり・なんでもやる式の公約と一線を引く意味で、
【事後検証可能なもの】と考え、
各候補者の皆さんには、鋭意具体的な政策を表明していただきたいと考えています。

また、公開討論会において立候補表明者がいわゆるマニフェストなるものを配布した場合、
公職選挙法で禁止されている、「文書図画の配布あるいは、パンフレット又は書籍の頒布」
にあたらないかということもあります。
この点については、「選挙のため(あえてこう表現いたします)」の公開討論会において、
公約が発表できない、
あるいはマニフェスト(選挙公約の形をとった)として配布が出来ないという
公職選挙法の不備という問題は指摘しながらもあくまで、
法律を遵守して公開討論会を進めなければなりません。
具体的に、現制度の下では、下記に注意して、マニフェスト(利用できる形に)を作成して頂いて、
それを題材に討論することは可能とされ、すでに公開討論会が開催されています。

千葉県選挙管理委員会・神奈川県選挙管理委員会・総務省選挙課の見解によると、

下表、リンカーンフォーラムのマニフェスト型公開討論会マニュアルより引用















総務省選挙課
「純粋に政治活動が目的のマニフェストを配布することを違法とは断定できない」と回答しています(2005.2.1原田事務官)。
神奈川県選挙管理委員会・千葉県選挙管理委員会
 それぞれの知事選(神奈川:2003年、千葉:2005年)で松沢成文候補や堂本暁子知事が作成したローカル・マニフェスト冊子の実物を確認し、選挙運動性が無いために配布可能であるとの判断を下している

「選挙運動性がなく、純粋に政治活動が目的のパンフレット」であれば頒布可能としています。

また、選挙運動性があるかどうかの一般的な判断基準は以下の通りとの見解を示しています。

「選挙運動のために使用する文書図画」の「選挙運動」とは、

 特定の選挙で、特定の候補を当選させるための行為

 以下の3条件を合わせて兼ね備えた直接または間接的な行為

 ①選挙を特定している

 ②候補者を特定している

 ③投票を依頼している


また、注意点として、

★ただし総務省選挙課や選挙管理委員会は個別事例について判断できる立場にはなく、それは警察や検察の職掌です。としています。

 そこで、私どもが全国で公開討論会を推進する基とするリンカーンフォーラムでは、

◆公開討論会(告示前)でのローカル・マニフェスト配布方法として、

  ・ 複数の候補予定者のマニフェストを一緒に配布する

    ※1冊にまとめて綴じる必要は無いが、セットにして来場者に手渡せればベター 

  ・ 選挙名の掲載は不可能だが、自治体名の掲載は可能 

  ・ マニフェストに候補予定者の氏名を掲載してよい 

  ・ マニフェストに候補予定者への投票依頼を掲載してはいけない 

という、体裁をととのえて、マニフェストの配布が可能(遵法の上)であるとしています。




以上、赤字部分リンカーンフォーラムホームページより引用



//////////////////

【マニフェスト記入書式】



政策1   

目標   

手段

期限

財源



の各項目を政策毎に記入する。

注意点は、

●記入する政策数に制限は設けず、必要なだけ記入できる。

●文字数制限はしない。

●「目標」「手段」「期限」「財源」の各項目について、すべてを必ず記述する必要はなく、柔軟にーな記入の仕方を認める。 「目標」「手段」だけを記入し、 「期限」と「財源」については空欄(当選後に詳細に定める)ということでも構わない。

●図やグラフを入れることも自由とします

////////////////////////

 ぜひに、マニフェストを配布して、わかりやすく政策を市民に知らしめ、政策本意で選挙が行われることを切に願っています。

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://motosuketrd.blog.fc2.com/tb.php/175-6bc4b386

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Calender

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

田中康夫(#1)情報公開(#4)公共放送(#1)九島架橋(#1)公務員給与(#3)事業仕分け(#1)プロポーザル(#1)英霊(#1)金太郎飴(#1)財政改革(#1)自虐史観(#2)入札制度改革(#1)マニフェスト(#4)加害者(#1)安易な需要予測(#1)医療(#1)入札監査(#1)市町村合併(#2)対中政策(#1)農業(#1)入札改革(#3)生活者重視(#1)公式参拝(#1)表現の自由(#1)中曽根(#1)メルマガ(#1)ゴミ処理(#1)自虐教科書(#1)地元主義(#3)政策棚卸し(#1)自治体規模(#1)市民参加(#1)合併(#1)談合(#3)地方空港整備(#1)大学誘致(#1)A級戦犯(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)アリバイ民主主義(#1)改憲(#1)チベット(#1)第3セクター(#1)宗教対立(#1)ジェンダーフリー(#1)混合診療(#1)地方分権(#1)歴史認識(#1)議員任期(#1)原子力発電(#1)まちの家計簿(#1)選挙制度改革(#3)家計簿(#1)公開討論会(#2)靖国(#1)財政出動(#1)民主主義(#1)市民の声(#2)知事(#1)誇り(#1)税金の無駄遣い(#1)ゴミ減量(#3)行政改革(#3)ネット利用(#1)教科書採択(#1)食糧安保(#1)被害者(#1)契約(#1)年金(#1)学校統廃合(#1)教科書問題(#1)会議手法(#1)ローカルマニフェスト(#1)迷惑施設(#1)キリスト教(#1)消費税(#1)公立病院(#2)契約違反(#1)イラク(#1)政策決定(#1)ネガティブキャンペーン(#1)長野県(#1)公約(#1)不法投棄ゴミ(#2)道徳(#1)リサイクル(#1)政治指導(#1)システム(#1)地方空港問題(#1)地域通貨(#1)市長選挙(#1)歴史教科書(#3)一票の格差(#1)議会(#1)市役所改革(#2)世襲議員(#1)無駄撲滅(#2)市民意識(#1)直接民主制(#1)倫理(#1)ダイオキシン(#1)人権(#1)住民自治(#1)台湾(#1)公教育(#1)教科書(#1)コスト(#1)介護(#1)リーダーシップ(#1)食の安全(#1)リストラ(#3)ODA(#1)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR