fc2ブログ

Entries

給食費完全無料化に反対した理由/ニュースレターバージョン

【活動報告】
給食費無料化に反対しました

 3月議会にて、平成29年度当初予算の「学校給食費 完全無料化」に反対し、「そのお金を、予備費に回す」、そして、使い道を再吟味して、より良い政策を実現しようと、本会議で登壇し意見を述べさせていただきましたので、無料化に反対した理由を改めてご報告いたします。

 私の反対の大きな理由は、全員の給食費を無料にすることが、市民の皆さんに理解が得られると思えなかったからです。もちろん、議会が本会議で採決する前※1 に、無料化が決まったかの如く報じられたため、市民の皆さんからは、報道直後から、多くの意見をいただきまして、※2 そして、その大方は反対の意見で、給食費を無料化するのであれば他にやることが在るのではないか等、お金の使い道として理解できないというものがほとんどでした。それが市民の声だと考えたこともあります。
 そして、誰でも区分無く、全員の給食費負担をなくすということは、行政の無策を表しているとさえ思うのです。よく使われる言葉でお示しするとすれば、「ばらまき」ではないかと思えるのです。もっともっと意見交換をして、政策を練り上げるべきですのに、それを放棄したのではないかと思えるのです。まだまだ、使うべき案件、今まで我慢させてきた先は在るはずなのです。
 いったい、口に入れるものまで全て無料にする必要があるのでしょうか。
 完全に全員を無料にする必要があるのでしょうか。(所得制限をするのが常道ではないでしょうか。)
 少子化対策の戦略とするのであれば、第二子が半額・第三子から無料とかいう戦略的なプランにすべきで、やはり「全員」には違和感があります。
 子育て支援というのであれば、学用品や教材の購入に使える商品券で渡すなど、より有効な支援の仕方が在るのでは無いかとも思います。
 PDCAサークルで、事業の検証を行い、事業内容を見直す「総合戦略」の一つというのであれば、28年度からスタートした「全小中学校生に1食100円の補助をする事業」の評価がもっと必要なのではないかと思います。
 また、地域の子どもたちに市立の中学校に進学してもらい、地域の活性に役立てる策というのであれば、一部議員の主張に阿る(おもねる)ように「宇和島南中等教育学校の子どもたちを対象に含める」ことを検討するとした政策のぶれは、その目的を根底から揺るがすものと感じました。
 学校教育を支援する策であるとするならば、完全無料化するお金で、様々な機器・備品・教材・ソフトなどの購入ができるわけですから、そういった政策より優先させるだけの理由付けが必要だと思います。
 貧困対策という意味では、生活保護を受けられる所得基準の1.4倍まで※3 の方は、準要保護として、給食費の免除等の教育扶助※4 が受けられ、費用負担はほとんど必要ないわけですが、それ以上の所得を得ている方にまで、経済的支援を給食費補助で行う必要が在るという理屈が必要でしょう。

 また、今回の給食費完全無料化の財源について不安視する声があったのですが、私は、5年間など期限を区切って戦略的に支出する分には、給食費補助(平成28年度からスタートした1食100円の補助に議会が賛成したように)を拡大することに財源面の理由からは反対はしません。しかし、一方で、このようなサービスは、始めたらやめにくいものでありますから、終期を定めて時限的な施策(もちろん、出生率の向上であるとか、転出者を引き留めるとか、移住を促す等といった効果があれば継続すれば良いのです。)にするべきであると思っています。

 財政状況を改善してきた石橋市長はじめ市役所スタッフの努力には敬意を表したいと思っています。また、子育て支援あるいは教育支援という分野に、1億8千万円を持って来てくれたことは評価しますし賛成したいと思います。しかし、その自由度が高まったお金の使い道を決めるには、もっと煮詰めた議論が必要だったのではないでしょうか。
 予算案を決める前の総合教育会議※5 で、給食費完全無料化についてのプランの発表もそれらしい意見聴取もありません。その後の予算案決定までに開催された教育委員会の定例会及び臨時会※6 でも、給食費についての話はまったく出ておりません。唯一、給食費無料化について報道がなされ、予算案が上程された3月議会中に開催された3月定例会(平成29年3月7日開催)※7 で上がった、「議案第4号 宇和島市学校給食費負担軽減事業補助金交付要綱の一部を改正する要綱」で議論されております。不思議です。また、議会への説明は、先に述べたとおり、議案書の配布がなされた2月17日まで、正副議長にも、所管の教育環境委員会の正副委員長(私が、副委員長を務めます)、委員会メンバーにも、一切の説明もなかったのです。事前の説明があれば、市の教育委員会の議事録でも解るように、そして、上で述べたように、様々な意見が出るはずであります。議会中に行われた、給食費無料化についてのみ話し合う市長と自民党議員会の懇談会や議案付託された教育環境委員会でも、様々な意見が出ました。それらを集約して、合意の得られる修正案が示されるべきでなかったかと思います。
 皆さんはどう思われますか。 

※ 1 金曜日の午後、議案書が配布された後の報道ですから、確かに議員は知った後とはいえます。しかし、翌火曜日の議員に対する議案説明会の前にメディアがすっぱ抜いたのでして、その上、給食費無料を含んだ予算案が提出されただけであるのに、議会での質問戦・委員会審査、その後の本会議での採決を経て、決定するものであることの説明が不十分なニュースであった様に思えました。また、議案説明会までは、報道しない紳士協定があったらしいのですが、その点について、市と報道各社との間で見解の相違があったようです。
※ 2 例えば、フェイスブックのコメントは、こちらでご覧いただけますが、私に寄せられた意見は、お一方を除き、他は全て反対でありました。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=10206608789652295&id=1648757522
※ 3 平成28年度までは、1.3倍の所得の方まで対象でありましたが、平成29年度から「1.4倍まで対象を広げる」規定の改定がありました。
※ 4 教育扶助について、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%99%E8%82%B2%E6%89%B6%E5%8A%A9
※ 5 平成28年度 第2回宇和島市総合教育会議 平成28年12月16日開催。会議録は公開されています。
※ 6 教育委員会の定例会・臨時会は、下記にて開催され、こちらも会議録が公開されています。平成28年 宇和島市教育委員会12月定例会 平成28年12月16日
  平成29年 宇和島市教育委員会1月定例会 平成29年1月13日
  平成29年 宇和島市教育委員会1月臨時会 平成29年1月26日
  平成29年 宇和島市教育委員会2月定例会 平成29年2月7日
※ 7 平成29年 宇和島市教育委員会3月定例会は、平成29年3月7日に開催され、会議録も公開されています。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://motosuketrd.blog.fc2.com/tb.php/2017-8478b61f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Calender

03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

契約違反(#1)政治指導(#1)食糧安保(#1)入札改革(#3)民主主義(#1)市民意識(#1)原子力発電(#1)リサイクル(#1)キリスト教(#1)九島架橋(#1)自治体規模(#1)英霊(#1)情報公開(#4)合併(#1)誇り(#1)議員任期(#1)歴史教科書(#3)事業仕分け(#1)公約(#1)ネガティブキャンペーン(#1)行政改革(#3)教科書(#1)選挙制度改革(#3)公教育(#1)知事(#1)入札制度改革(#1)公立病院(#2)地方空港問題(#1)政策棚卸し(#1)対中政策(#1)システム(#1)税金の無駄遣い(#1)イラク(#1)倫理(#1)契約(#1)入札監査(#1)直接民主制(#1)メルマガ(#1)プロポーザル(#1)政策決定(#1)リーダーシップ(#1)コスト(#1)会議手法(#1)迷惑施設(#1)宗教対立(#1)人権(#1)家計簿(#1)議会(#1)談合(#3)大学誘致(#1)公式参拝(#1)台湾(#1)混合診療(#1)地方分権(#1)道徳(#1)公務員給与(#3)ゴミ減量(#3)A級戦犯(#1)介護(#1)地元主義(#3)アリバイ民主主義(#1)歴史認識(#1)中曽根(#1)自虐史観(#2)世襲議員(#1)ダイオキシン(#1)消費税(#1)公開討論会(#2)農業(#1)安易な需要予測(#1)マニフェスト(#4)無駄撲滅(#2)少子化対策(#1)地域通貨(#1)靖国(#1)加害者(#1)ODA(#1)長野県(#1)田中康夫(#1)学校統廃合(#1)食の安全(#1)市民参加(#1)市民の声(#2)地方空港整備(#1)市役所改革(#2)ゴミ処理(#1)ジェンダーフリー(#1)まちの家計簿(#1)市町村合併(#2)財政改革(#1)表現の自由(#1)財政出動(#1)住民自治(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)自虐教科書(#1)教科書問題(#1)教科書採択(#1)チベット(#1)年金(#1)医療(#1)生活者重視(#1)市長選挙(#1)第3セクター(#1)被害者(#1)改憲(#1)不法投棄ゴミ(#2)リストラ(#3)ネット利用(#1)公共放送(#1)ローカルマニフェスト(#1)金太郎飴(#1)一票の格差(#1)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR