FC2ブログ

Entries

【2014年12月質問 9】27年度予算についてー観光入り込み客増のために何をするか

【質問】外貨を稼ぐ産業として、観光産業はとても魅力であります。岡原議員の2番目の大項目として御質問をなさいました。
その意見の中にもございましたけれども、観光入り込み客増というのは、1人来たら幾らお金を落としてくれるというカウントのできる大きな収入のもとになります。
観光入り込み客増のために何をやっていくのか、新たな取り組みというものがあれば教えていただきたいと思います。
 特に、2020年には2,000万人の海外からの旅行者を迎え入れるというような動きを国土交通省でなさっております。
そのために財源確保というものも地方からの要望に応じて、要件に合ったものはお金を回してくれるところがございます。近いところでは松山も、国交省のホームページに事例が報告をされておりますが、お金を取ってきて観光振興策というものを行っているようであります。
 訪日外国人旅行者の受け入れ環境整備。これは、クルーズ船に限らず、余りお金を持っていない外国人観光客もぜひに宇和島に来て宇和島を口コミで広げてほしい。
市長の御答弁の中にもありました。
コンパクトに日本というのがまとまった地域だからツアー船が就航をしているというようなこともございます。
その魅力をより発信するために宇和島がどう動いていくのか、その点もお教えをいただければと思います。
【産業経済部長】観光入り込み客の増加のために何をするかというところでございますが、これまで主として高速道路の延伸をきっかけといたしまして町並博でありましたりいやし博といった地域活性化のイベントを実施してまいりました。
そのことによりまして、昨日の御報告でも申し上げましたが、入り込み客につきましては確実に増加をいたしております。
 こういったイベントにつきましては、一過性だというふうな批判をよく受けるわけでございますけれども、宇和島市におきましては来年度が伊達400年祭、28年度におきましては愛媛県の中村知事が主唱されております、南予地域を舞台とした県と南予の市町が連携したイベント、さらにその翌年には愛媛国体というふうなことで、いわばこのお祭りイベント的な取り組みというのが毎年継続して行われるというふうな状況でございます。
 したがいまして、私どもとしましては、この間精力的にそのイベントの効果を最大限発揮できるように取り組んでまいりたいというふうな考えでございますが、27年度の予算といたしましては、先ほど申し上げました宇和島伊達400年祭の中で、産業経済部としては5月の連休の折に「伊達なまち歩き ぶらり宇和島」、これを主管して実施するような計画でございます。それからまた、秋には「伊達なうまいもの市と幕末偉人伝」、こういった食に関するイベントにつきましても私どものほうで主管して取り組むような予定になっております。
 さらに加えまして、先ほど触れましたけれども、28年度の愛媛県の事業につきましては、イベント本体は28年度でございますけれども、事前のPR活動等につきましては27年度から実施をするというふうなことでございます。そういった意味で、まだ額につきましては若干流動的なところがございまして、ここで額を申し上げる段階にございませんけれども、全体事業費の負担割合が県と市町で50%、50%。市町が負担する50%につきましては、そのうちの4割程度が前年度、すなわち27年度に取り組むというふうな予定になっておりますので、そういった方向で27年度予算のほうに計上させていただくことになろうかというふうに考えております。
 それから、海外からの入り込み客の関係でございますけれども、これにつきましては昨日も申し上げましたけれども、宇和島の場合は非常にラッキーなことに、さしたる努力もせずにクルーズ船においでいただいているというところでございます。
おいでいただいたクルーズ船のおもてなしにつきましてはこれまでも私どもなりに取り組んでまいっておりますけれども、昨日御指摘ありましたようにお迎えするときとお見送りするときはじゃどうなんだというふうなこともありまして、まだまだ考え直すところもあろうかなというふうに考えております。
そういった課題を受けとめながら取り組んでいきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://motosuketrd.blog.fc2.com/tb.php/2413-7f0ef3c9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Calender

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

キリスト教(#1)自虐史観(#2)情報公開(#4)教科書問題(#1)公務員給与(#3)議会(#1)住民自治(#1)市町村合併(#2)市民参加(#1)生活者重視(#1)教科書採択(#1)改憲(#1)リサイクル(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)第3セクター(#1)地域通貨(#1)行政改革(#3)マニフェスト(#4)被害者(#1)リーダーシップ(#1)自治体規模(#1)介護(#1)九島架橋(#1)学校統廃合(#1)田中康夫(#1)人権(#1)政策決定(#1)ネガティブキャンペーン(#1)中曽根(#1)契約(#1)消費税(#1)チベット(#1)ネット利用(#1)ローカルマニフェスト(#1)食糧安保(#1)コスト(#1)無駄撲滅(#2)表現の自由(#1)地方空港問題(#1)地元主義(#3)世襲議員(#1)一票の格差(#1)市長選挙(#1)自虐教科書(#1)リストラ(#3)台湾(#1)食の安全(#1)地方分権(#1)入札改革(#3)靖国(#1)医療(#1)契約違反(#1)A級戦犯(#1)選挙制度改革(#3)加害者(#1)市民の声(#2)道徳(#1)不法投棄ゴミ(#2)まちの家計簿(#1)倫理(#1)迷惑施設(#1)公開討論会(#2)ゴミ処理(#1)家計簿(#1)合併(#1)農業(#1)直接民主制(#1)市役所改革(#2)金太郎飴(#1)ジェンダーフリー(#1)ODA(#1)安易な需要予測(#1)公式参拝(#1)混合診療(#1)財政改革(#1)年金(#1)財政出動(#1)大学誘致(#1)公教育(#1)プロポーザル(#1)入札制度改革(#1)民主主義(#1)英霊(#1)歴史認識(#1)公立病院(#2)イラク(#1)誇り(#1)歴史教科書(#3)入札監査(#1)公共放送(#1)談合(#3)地方空港整備(#1)公約(#1)メルマガ(#1)政治指導(#1)議員任期(#1)会議手法(#1)知事(#1)対中政策(#1)ダイオキシン(#1)政策棚卸し(#1)市民意識(#1)原子力発電(#1)宗教対立(#1)教科書(#1)事業仕分け(#1)長野県(#1)ゴミ減量(#3)アリバイ民主主義(#1)システム(#1)税金の無駄遣い(#1)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR