fc2ブログ

Entries

税金の使い道を決めるのは市民/週頭の街頭活動

週頭の街頭活動のご報告。
この時期、12月議会の準備の段階です。
来週には、議案説明会が在り、12月議会まであっという間です。
今日は、この時期の重要性について。
来年度の当初予算案(最も大きな予算案=一年間の)をくみ上げているので大事な時期です。
行政は、限られた予算(税として市民の皆さんからのお預かりしているもの)であるが故に、政策選択(政策の優先順位付け・政策の取捨選択)が必要になります。
大リーグの2度目のMVPに輝いた大谷選手が全国の小学校にグラブを3つプレゼントしてくれました。
右利き用が2つ、左利き用が一つ。
「そのグラブで野球に触れた子らといつの日か一緒にプレーできることを願う」なんてコメントをしてくれたとか。
批判の声も在ったりするそうですが、大谷選手がその稼ぎの中から資金を出すわけですから、それは、大谷選手の意思に任せれば良いわけです。
しかし、行政が、全部の小学校に何かを購入するとなると、説明できる理屈を以て予算案を作り、議会の承認が必要だと言うことになります。
議員は、市民の皆さんの付託を得て出てきていますので、間接的にで在りますが市民の意思によってお金の使い道を決めるという手順が踏まれるのです。
予算の全ての項目について、理解して承知して採決に至るわけではなくとも、手順としては、議会の過半数の賛成でお金の使い道が決まっているわけです。
私としては、そういう受動的な賛成よりむしろ、
ここでどのような提案をしていくか。
市民の皆さんが何にお困りかを伝えていくこと。
各地の先進事例を参考にして、
宇和島でも採用するように提案したり、
宇和島向きに形を変えた取り組みを求めたり、
危機に備えるという意味からも現況分析や将来予測を共有できるような訴えもしていきたいと思っています。
例えば、高齢化の問題。
ご高齢の方がお元気で地域づくりにご協力頂くこと、ありがたいことですが、
歳を重ねる毎に、身体の動きは悪くなるものです。
気持ちは変わらずとも、以前と比べて思いどおりの行動はできにくくなります。
また、善意や良心に頼って、いつまでも無償のボランティアを続けていただくことにも無理が出てきます。
例えば、ごみ袋だったり、作業用の道具類。あるいは、作業途中に提供する飲料などへの協力などの準備もあっても良いと思います。
また、諸掛かりを支出することもあって良いと思います。
「ボランティア活動が無償で行われる」という考えを前提に置くことは避けなければならないと思っています。
そして、ボランティアへの支援のコストが増えることは、避けられないと思っています。
それは、ボランティアに携わる方の意思とは無関係に、それら活動に対する支援が必要であるということが認識され始めたことから、必然とさえ思います。
また、地域の高齢化は進み、いわゆる支え手世代の人口、その割合もますます減っていきます。
そういう時代には、地域の維持のためのコストはますますかかるようになります。地域をコンパクトにまとめていく努力で、いかにコストのかからないまちにしていくか、そういう取り組みが必要だということも何度も述べて参りました。
そのコスト増大の将来に、何をどう残し、何を削るか。
先週、10月10日に入札公告された新伊達博物館建設の入札が不調になりました。
電気・機械工事が別の入札になりますので、工事金額(設計金額)約24億円の工事ですが、どこもやろうといって手を上げてくれなかったわけです。
大阪関西万博の施設整備金額の増大については、皆さんご存じの通りです。
そちらについても、批判の声が上がり、開催反対の声まで上がっているようです。
応札者無しの入札不調となった「新伊達博物館建設工事(建築)」は、予定価格(設計金額)を見直して再入札ということに成るのですが、その見直しは、増額の見直しでしょう。
設計金額の見直しの際は、勝手に単価をいじることはできませんから、それなりの設計変更が必要だということになるのでしょうか。
それも、わずかな額の増額で参加があるとは思えませんので、9月議会の補正予算ででた「新伊達博物館(都市再生整備事業)の債務負担行為43億なにがしで」収まるとは思えません。
一体いくらになったらこの事業を思いとどまってくれるのでしょう。
総予算40億の予定が、物価上昇などもあり48億5千万ほどになると言いました。
今回の入札不調で建設整備費は更に増えるのです。
40億で不安の声が上がり、48億でも反対の声が上がりました。
これがもっと上がることになれば市民の皆さんの不安や反対の声はますます大きくなるのではないでしょうか。
つまり、市民の意識と行政の意識はますます離れて行くのです。
私が市長なら、
建設整備費の増大もあり、市民の中から開設後の収支差額を税金で埋めていくことにも反対の声が上がっているようです。
諸物価高騰の今、この建設整備を今の計画で進めていくことは市民にご理解を頂くことは難しいと思いますので、伊達博物館の新築整備計画は停止し、見直し作業に移ります。
と発表します。と。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://motosuketrd.blog.fc2.com/tb.php/2932-9b02e2db

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Calender

02 ≪│2024/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

公教育(#1)一票の格差(#1)中曽根(#1)議員任期(#1)市民参加(#1)選挙制度改革(#3)公約(#1)九島架橋(#1)長野県(#1)マニフェスト(#4)契約違反(#1)知事(#1)財政改革(#1)合併(#1)迷惑施設(#1)教科書採択(#1)誇り(#1)市民の声(#2)行政改革(#3)農業(#1)田中康夫(#1)プロポーザル(#1)歴史教科書(#3)市町村合併(#2)消費税(#1)メルマガ(#1)公務員給与(#3)議会(#1)コスト(#1)A級戦犯(#1)食糧安保(#1)少子化対策(#1)改憲(#1)情報公開(#4)医療(#1)教科書問題(#1)金太郎飴(#1)被害者(#1)自虐史観(#2)事業仕分け(#1)まちの家計簿(#1)英霊(#1)地方空港問題(#1)ODA(#1)地域通貨(#1)対中政策(#1)市役所改革(#2)公共放送(#1)加害者(#1)ローカルマニフェスト(#1)人権(#1)チベット(#1)原子力発電(#1)アリバイ民主主義(#1)混合診療(#1)倫理(#1)宗教対立(#1)家計簿(#1)表現の自由(#1)生活者重視(#1)歴史認識(#1)入札制度改革(#1)第3セクター(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)会議手法(#1)キリスト教(#1)ゴミ処理(#1)食の安全(#1)税金の無駄遣い(#1)イラク(#1)公開討論会(#2)地方空港整備(#1)安易な需要予測(#1)財政出動(#1)不法投棄ゴミ(#2)リストラ(#3)靖国(#1)市長選挙(#1)リサイクル(#1)直接民主制(#1)市民意識(#1)契約(#1)民主主義(#1)政策棚卸し(#1)ジェンダーフリー(#1)無駄撲滅(#2)大学誘致(#1)政策決定(#1)自虐教科書(#1)公式参拝(#1)住民自治(#1)自治体規模(#1)システム(#1)世襲議員(#1)ネット利用(#1)入札改革(#3)教科書(#1)学校統廃合(#1)政治指導(#1)道徳(#1)地元主義(#3)リーダーシップ(#1)公立病院(#2)地方分権(#1)ダイオキシン(#1)入札監査(#1)ゴミ減量(#3)年金(#1)台湾(#1)談合(#3)介護(#1)ネガティブキャンペーン(#1)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR