FC2ブログ

Entries

自転車は車道ってか?

最近、自転車で歩道を走ると捕まることがあるらしい。
お酒を飲んで自転車に乗るととんでもない罰金を取られることがあるらしい。
こんな話、皆さんもお聞きになったことがあると思います。

ところで、皆さんは、自転車で歩道を走りませんか。
お酒を飲んだら自転車に乗らないですか。

飲酒運転はもちろん危ないでしょう。
乗っている方もまわりの通行者も危険でしょう。
また、歩行者の多い歩道を我が物顔で走る自転車を野放しにすることも危険であります。
でも、通行量の多い車道に自転車を追い出すことで、解決する問題なのでしょうか。

確かに、歩行者と自転車の事故は減るでしょう。
しかし、自転車と車の事故は増えるでしょう。

私達が小さい頃、自転車は車道の左側、つまり原付と同じような位置を自転車は走っていました。
ところが、いつの頃からか、歩道を走ることが出来るようになりました。たぶん、自動車対自転車の事故が増大したことから、自転車を歩道へ避難させたのでは無いかと思います。
感覚的なもので恐縮ですが、自転車が歩道を走ることが出来る、そういう歩道が出来たのは、そんなこと・そんな時期からだったのではないでしょうか。

今までは、あまり注意して見ていなかったのですけど、確かに「自転車が走れる歩道である」という看板があります。

私達は、自転車に対する法規制というものにどれだけ、ルーズであったのでしょう。取り締まられなかったから、自転車に交通違反(道路交通法違反)があるという認識さえも無かったというのが実際のところでは無いでしょうか。

二人乗りも平気、傘差し運転も無灯火も平気。スピード違反があるのでしょうか。一旦停止は見逃されてきただけなのでしょうか。

手前味噌ではございますが、トライアスロンをしている私は、(バイク練習は完無ですが)自転車はスピードが出るもので「ヘルメットをかぶっていた方が良いのに」位は認識しています。日本では自転車競技というと、競輪というイメージから、どうしても賭け事につながってしまいますが、スポーツ自転車という点で考えると、今は、サイクリングやバイクレース・トライアスロンが一般に普及して来たので、競技用自転車を見ることも増えました。たとえば、お隣の八幡浜ではマウンテンバイクのレースも開催されています。石鎚でも自転車のヒルクライムレースが開かれました。そういう、自転車競技をしている人たちは、それなりに走り方やマナーというものを考えることが身についています。

しかし、自転車というのは、スポーツ用のものだけではなく、小運搬から移動の手段、通勤や通学の手段として使われています。また、コンパクトなまち作りやpark and rideの都市作りだとして市街地から車を閉め出して、安全なまち作りをしようという考え方もあります。
日本では、なかなかそのようなまち作りで成功しているところを聞かないのですが、もっと小さい地域で、車の乗り入れを禁止して、商店街やまちなみ・パビリオンを売り出すところはあります。では、そんなところの例で自転車と歩行者の棲み分け(通行分離や共存)の指針がたやすく出来るかというと、非日常の観光客と観光地でそれを迎える側のサーバントとの関係からは、日常の生活の中で自転車とどう関係を持つかというのは単純に語れない気がいたします。先に述べた、競技やスポーツ自転車と一般の方の関係のように、日常の中の、生活の中の自転車とまちの関係は、うまく見いだせないように思うのです。

この「自転車は車道左側」という機会に、地域づくり・国づくりという大きなとらえ方で、自転車の利用を考えて見てはどうかと思った次第です。
自転車は子供の頃から乗る物です、そういう意味では、ルールに従うという、教育の観点から自転車という物を使ってみてはどうかとも思います。自転車も交通ルールに従わなければならない【車両】として、大人だけで無く、子供達にも認識させるのです。
それに、自転車を大事にすることで、物を大切にする心もはぐくまれることでしよう。
放置自転車なんか、本当はもったいないわけであります。

ヨーロッパのある町では、自転車で移動する人に対して、入場料のサービスやお店や施設の割引サービスがあるといいます。
奇しくも、東日本の大震災で、省エネやコンパクトなまちづくり、高齢化が進んだこの国では買い物難民の問題もありますし、電動車いすなどとの共存も考えなければなりません。また、GS過疎などという新たな課題も出てきています。
大店法の出店規制の緩和も有り、郊外へ郊外へ延びたまち作りを考え直す機会に出来たらとも思います。

自転車の話に戻しますが、自転車と歩行者の事故が多い(平成22年度で2760件)からと、自転車を車道へ追い出して、車道で車との事故の発生件数が増えてしまうと、どうにもならないのです。行き当たりばったりで、法の運用つまり、冒頭に述べたような具体的な取り締まりを変えるのではなくて、国作りや地域作り、人作りの道具に使う意識が欲しいと思います。

不良少年少女の乗る自転車を見てください。そして、乗り方を見てください。
本当に必要なのは、自転車を車道に追い出すことでは無くて、高齢者や子供達に対する配慮であったり、歩行者との共存のモラルであります。
確かに、今まで自転車を車両として認識し、きちんと法律や規則に従うムードは無かったのが実際であります。
自転車が点字ブロック上に置いてあったり、建物の入り口スロープをふさいでいたりしました。
また、無秩序に歩道を自転車が走っていました。
自転車が、「法律の枠」の外にあると思っていては、行き当たりばったりで取り締まりを強化するものとしか感じられません。
土地に余裕があれば、自転車レーンを作ったり、自転車用の道路の整備も可能でしよう。
しかし、そんな整備がすぐに出来るはずはありません。今のまま、自転車を車道に追い出すだけでは、事故が増えるだけとなるでしょう。現在の車道の左側は、自転車にとって安全なスペースではないからです。
高齢者や障害を持つ方の自転車は、車道を走らないでも良いというルールがあることも知らない人が多いでしょう。
まずは、自転車を持つ人たちに、歩道を走る際に気をつけるべきことを徹底することが大事では無いでしょうか。
今まで自転車が走っていた歩道には、先に挙げた高齢者や子供たち以外に、妊婦さんや障害を持つ人たちも居るわけです。歩道においては、車道では弱者の自転車が弱者では無く危険な凶器となることを徹底して教えなければならないでしよう。
携帯電話を操作しながら自転車を運転する輩は取り締まらなければならないでしょう。
灯火も傘も、取り締まるべきです。
もちろん、酔っ払い運転もスピード違反も取り締まるべきなのでしょう。
しかしながら、繰り返しをお許し頂くとすれば、運転者のモラルをたかめることと、自動車と自転車、自転車と歩行者がうまく共存できるまちの設計というものを考えなければならないと思うのです。
誰かにやさしいまち作りは、誰にも優しいまち作りであるはずです。
まちのユニバーサルデザインというものをこの機会に考えて見てはどうでしょう。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://motosuketrd.blog.fc2.com/tb.php/362-1efb2dfd

トラックバック

コメント

[C7] はじめてお伺いしました。

はじめまして。
まだ途中ですが「我が子に伝える近代史」大変面白く拝読させていただきました。とても有難いページでありがとうございます。


東京は交通量が多いけれど道もわりかし狭くスピードがそれ程出ていません。
かといって宇和島よりは接触事故など多いでしょうね。
交通事情が地域で異なるのにルールだけは同じというのも変な話しですね。
ルール等変える事ではなく所詮、いずれも最低限のマナーを守れば防げる事が多いと思いますけど・・・。
  • 2011-11-15 08:59
  • なな
  • URL
  • 編集

[C8] No title

自動車の路上駐車や違法駐車、速度超過運転の常態化、側方間隔1.5メートル以上あけないスレスレ追い抜きなども厳しく制限、取り締まってほしいですね。自転車への煽り運転なんて日常茶飯事ですし。自転車のマナーやモラルばかり取り上げられますが、車道を自転車で走ってみれば、自動車ドライバーの免許制とは思えないほどの犯罪的な傲慢走行をいやというほど体験するのが日本です。先進諸国では当たり前のようにある自転車専用レーンや自転車専用道が無いなんておかしいでしょう。急ピッチで整備を進めていくべきです。ドイツやオランダ、デンマーク、イギリス、フランス数多くの先進国が、脱自動車、自転車推進を強力に進めています。自動車はあまりに害悪が大きいからです。
  • 2011-11-16 23:46
  • 佐藤
  • URL
  • 編集

[C21] No title

歩道を自転車で走る日本人が、先進国ヅラして中国人のモラルやマナーを貶すなんてさ。自転車専用レーンがない欧米の都市では子供でも自転車は車道を走っている。東京の車道がパリやロンドンNYの道路交通事情と比較して極端に劣悪なわけでは決してない。自転車乗りの遵法意識と違反を取り締まらない警察の怠慢こそが日本の問題だ。
  • 2013-10-13 00:09
  • 日本人
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Calender

04 ≪│2020/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

混合診療(#1)歴史認識(#1)リサイクル(#1)ローカルマニフェスト(#1)ゴミ減量(#3)宗教対立(#1)改憲(#1)政策棚卸し(#1)生活者重視(#1)行政改革(#3)消費税(#1)イラク(#1)家計簿(#1)選挙制度改革(#3)医療(#1)迷惑施設(#1)自虐教科書(#1)地域通貨(#1)倫理(#1)民主主義(#1)政策決定(#1)公式参拝(#1)介護(#1)不法投棄ゴミ(#2)マニフェスト(#4)加害者(#1)世襲議員(#1)九島架橋(#1)キリスト教(#1)公務員給与(#3)地方空港整備(#1)直接民主制(#1)自治体規模(#1)農業(#1)地方分権(#1)リストラ(#3)学校統廃合(#1)公共放送(#1)財政出動(#1)A級戦犯(#1)ネガティブキャンペーン(#1)英霊(#1)コスト(#1)契約(#1)ゴミ処理(#1)政治指導(#1)無駄撲滅(#2)システム(#1)入札制度改革(#1)金太郎飴(#1)契約違反(#1)ダイオキシン(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)道徳(#1)歴史教科書(#3)教科書問題(#1)リーダーシップ(#1)台湾(#1)人権(#1)安易な需要予測(#1)財政改革(#1)誇り(#1)第3セクター(#1)年金(#1)公開討論会(#2)入札改革(#3)会議手法(#1)チベット(#1)プロポーザル(#1)入札監査(#1)地方空港問題(#1)市町村合併(#2)公立病院(#2)市民意識(#1)表現の自由(#1)自虐史観(#2)対中政策(#1)長野県(#1)ODA(#1)公約(#1)市民参加(#1)市民の声(#2)ジェンダーフリー(#1)知事(#1)議会(#1)談合(#3)被害者(#1)食糧安保(#1)食の安全(#1)メルマガ(#1)市役所改革(#2)中曽根(#1)議員任期(#1)ネット利用(#1)教科書(#1)地元主義(#3)住民自治(#1)アリバイ民主主義(#1)教科書採択(#1)税金の無駄遣い(#1)情報公開(#4)合併(#1)公教育(#1)田中康夫(#1)事業仕分け(#1)大学誘致(#1)一票の格差(#1)まちの家計簿(#1)市長選挙(#1)原子力発電(#1)靖国(#1)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR