FC2ブログ

Entries

質問3 青少年健全育成条例

自民党のJ-ファイル2013から引用いたします。

さあ、
教育を取り戻そう。
教育は、国家の基本。
将来を担う子供たちは、日本の宝です。
教育再生を断行し、
世界トップレベルの学力と規範意識、
歴史や文化を尊ぶ心を持つ子供たちを育みます。

この言葉のすぐ前、J-ファイル286に、
「次代を担う青少年の健全な成長に資する『青少年健全育成基本法案』を制定し、
総合的な施策を推進します。」とあります。

いまだに、青少年健全育成法の制定はなされておりませんが、
前政権の民主党政権時代から、
各地で、同法の制定を求める意見書が各地の都府県議会・市町村議会で採択されております。
お隣の高知県ではほとんどの市町村で採択され、全国的にも本年の3月の終わりで3分の1の
地方議会が意見書を採択しています。
つまり、各地で現在の子供達を育てる環境に危機感を持たれ、
何とかしなければならないという声が地方から上がっているということであります。
また、地方独自で、条例を制定している自治体もありますが、
話題になったところでは、東京都の「青少年の健全な育成に関する条例」であります。

その前文をご紹介しましょう。
「われら都民は、次代の社会をになうべき青少年が、
 社会の一員として敬愛され、かつ、
 良い環境のなかで心身ともに健やかに成長することをねがうものである。
 われら都民は、家庭及び勤労の場所その他の社会における正しい指導が、
 青少年の人格の形成に寄与するところきわめて大なることを銘記しなければならない。
 われら都民は、心身ともに健全な青少年を育成する責務を有することを深く自覚し、
 青少年もまた社会の成員としての自覚と責任をもつて生活を律するように努めなければならない。」
とあります。

もちろん、愛媛県にも「青少年保護条例」が制定してあり、
様々な風俗の変化やインターネット環境などを初めとする子供たちを取り巻く環境の変化に応じた
改正が成されておりますが、
まずは、宇和島市にこういった時代に合った青少年健全育成にかかる条例があるかどうかをお答えください。


【市長】答弁


では、必要性があるかどうかをイエスノーでお答えください。


【市長】答弁


認識がおおむね一致したところで、次に進めて参ります。

子供達が過ごす環境として、東京都の都心と宇和島は確かに違うのでしょう。
松山と宇和島は違うのでしょう。

宇和島の子供達がどういう状態か、実数をお知らせ下さい。

私が把握している数字は、
前の宇和島警察署長であります白石氏が、着任直後から、市民に広く訴えた、
宇和島の子供達の危機的な状況を表す数字であります。

平成23年でしたか、
宇和島警察署の少年人口1000人あたりの刑法犯として検挙された人数は、8.6人と県内トップでした。
また、触法少年
(14才に満たないので、刑事不可罰とされるけれど、刑法犯としての構成要件該当する行為を行った)
として補導された人数は38人で、これも県内トップの人数です。

翌24年も少年刑法犯の居住地別検挙補導人数も人口1000人あたり6.9人と県内トップでありました。
イメージとして非行も多いだろうと思える地方の都会「松山市」よりも多いのです。
現状を表す数字を教えてください。
少年人口1000人あたりの刑法犯の検挙人数と
触法少年の人数をとくに教えていただきたいと思います。


【市長】答弁


これも、白石前署長の資料からですが、
この20年間、高校生・無職少年・有職少年の非行は減っているのですが、
中学生だけは減少していないといいます。
そして、中学生というのは、きわめて周りの影響を受けやすい世代で、
たった1人の転校生でも、学校が、がたがたになることもあると言います。

学習環境の乱れは、学力や社会適応力も含めた正しく生きる力の低下を招きます。
そして、ちゃんとした仕事に就けない若者が家庭を持つと、また、
社会に順応できない次世代を作ってしまうことになるのです。
まさしく、「貧困の連鎖」であります。

教育力の低い家庭に生まれた子供達が、また子供達をきちんと育てられない家庭を作ってしまうわけです。

家庭の教育力を補うのは、地域であり学校であります。
ここでは、けして、学校にすべてを負わせるような話をしようというのではありませんが、
社会全体に、もっともっと、
「子供達は地域の宝である」ということ、
「子供達には無限の可能性がある」ということを再確認してもらい、
子供達を守り、子供達を大切に育むための意識付けとその実践のために、
条例作りをしてはどうかと思うのです。
そして、教育の中で、「頑張れば報われるのだ」ということを伝えていくことが必要であると思います。

先に、東京都の条例について少しご紹介しましたが、
同様な規定を設ける条例は次々と各地で制定をされております。
しかし、一番の違いは、東京都は、実際にこの条例を、
義務としてだけでなく実際に実施をして、厳しく取り締まったということだと言われております。
都内の繁華街からは小・中学生、少年犯罪、特に夜遊びの非行というものが減ってきているのです。
条例が出来ても、それを実践することが大切で有り、
実効のある条例としなければならないのは申すまでもないことですが、

現状に警鐘を鳴らし、
地域で子供達を守り、子供達を大切に育むために作ったという、
条例制定の趣旨を伝えることも含めて、広く市民にアピールをして、
実際に宇和島を変えてしまうことが必要だと思います。
その為の決意を示すためにも、条例制定が必要だと考えますが如何でしょう。


【市長】答弁


ある中学校の非行少年の補導人数は、他の2つの中学校の補導人数のおおよそ三倍であります。
大人は、
以前と比べて良くなったとか、前年の数字と比較して改善されていると評価しがちでありますが、
小学校から新しく入学した中学校1年生のその一年は一生に一回の一年であります。
上の学校への進学や仕事に就くことを考える中学校三年生も一生に一度の365日なのです。
その一年が前年から良くなったから、現状で良いと満足することは
許されないと思いますがいかがでしょう。
常に、そして勇気を持って、環境を変えてしまうことが必要だと思います。
特に、子どもを食い物にしているような、金儲けの相手としているようなビジネスがあるようなら、
きちんと条例で規制していく、
例えば県の条例をもっともっと実効のあるものにするための仕組み作りが宇和島で必要だと思うわけです。

歴史認識の問題や自由と規律の問題等々、
教育関係の質問はいくつもしたいことがあるのですが、
今日は、条例制定のお願いに加えて、もう一つだけ質問をして、この質問を終えたいと思います。


私の持つイメージですので、間違っていれば訂正をしていただきたいのですが、
学校や教育委員会というのは、学校で何かあっても、警察への被害届を出したがらず、
自分たちで解決しようとするのではないでしょうか。

全国のニュースを見ていますと、それが時に隠蔽ととれることがあるようです。
意識して隠蔽をしなくても、学校内部でなんとか解決しようという努力は、
かえって、解決を遅らせることになり、
さらなる大きな犯罪の土壌となることもあるのではないかと思います。

警察が学校に入るのに、被害届が必要でしょうか。

通報や何らかの情報があれば、
私服の警官が学校を巡回していくのは自然なことではないかと思います。
地域社会の治安・秩序を守るためには、どこでどんな人が過ごしているかを知るためにも、
警察官が地域を巡回するのはあたりまえで、地域の学校がどういう状態かを把握するのは、
地域警察の勤めでもあるはずです。

一方、学校を統括する校長は、自分の面子よりも部下や生徒を守る責務があるはずです。
その為にも、警察と学校はもっと連携を取るべきではないでしょうか。

民主党政権当時、国家公安委員長が、おかしなことを言いました。
「学校には本来警察は入るべきではない」と。寝ぼけたことを言うと思いました。
日本国内である限り、犯罪が疑われれば、場合によって令状を持ち、
宗教施設だろうが民間企業だろうがどこへでも捜査に入るべきです。
まして、公立学校をどうするというのでしょう。

松山市は、市教委に県警の警部クラスが出向して人事交流を進めていると言います。
また、前の宇和島署の白石署長は地域の警察官が入学式や卒業式に率先して出席することを提唱していました。

お忙しいのかも知れないけれど、きちんと正装した警察官に学校行事に出席してもらうことはとても良いことだと思います。
これが嫌なのは、悪さした輩だけでしょう。

そして、「反対」と声高に騒ぐのは、
日本国家の転覆を謀ろうとする偏った思想を持つ「運動家」でしょう。

悪さをしないという意味ですが、良い生徒は、警察官と親密になり、
道で会えば言葉を交わすことになるでしょう。

悪い輩は、捕まったら困ると警戒をして、自制することに繋がるでしょう。
宇和島市でも、市教委から各学校に「警察官を学校で受け入れるよう」
通達を出すべきだと思います。

そうして、校長に責任を押しつけるのではなく、自然体として、
県警察とともに、安心安全な学校作りを勧めるという意思表示をするべきではないでしょうか。
この点について、市長の考えを聞かせてください。


【市長】答弁
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://motosuketrd.blog.fc2.com/tb.php/727-31fb27f5

トラックバック

[T7] ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/19 08:51)

松山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメント

[C25] ボウリング・フォー・クラシキ

pdf(http://www.age2.tv/rd05/src/up3590.zip.html)
児童ポルノを社会に普及させる必要があります。

2014年6月11日:「青少年健全育成基本法案」が国会に提出されたのに続いて、
2014年6月18日:「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」が成立して、
2014年7月14日:タイミング良く、岡山倉敷女児監禁事件が発生して、
2014年7月19日:岡山倉敷女児監禁事件は女児が無事保護されることでスピード解決して、
さらにタイミング良く、海外の少女誘拐に関するドキュメンタリーがテレビで放送されて、
2014年7月21日:19:00~21:48
http://www.tv-asahi.co.jp/torihada/bk/cur/
>テレビ朝日|トリハダ秘スクープ映像100科ジテン
2014年7月23日:21:00~21:54
http://www.ntv.co.jp/gyoten/oa/140723/01.html
>ザ!世界仰天ニュース
2014年7月26日:さらにそのすぐ後に、高校生が同級生を殺害した上で遺体を切断するという不健全極まりない佐世保同級生殺害事件が発生しましたね。(ナイラ?)

子供をお持ちの保護者の皆様は、さぞかし恐怖に震え上がっておられることでしょう。
まるで、911やボウリング・フォー・コロンバインで描かれていた状況のようです。

子供が性犯罪に巻き込まれる。
この現在のような状況を打開するために我々は何をなすべきなのでしょうか?
私は次のように考えています。

児童ポルノを普及させるべき

m9(゚∀゚)Идиот!> номенклату́ра
נומנקלטורה עמלק
Ceterum autem censeo, Nomenklaturam esse delendam.

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Calender

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

アリバイ民主主義(#1)生活者重視(#1)田中康夫(#1)一票の格差(#1)選挙制度改革(#3)安易な需要予測(#1)公立病院(#2)政治指導(#1)介護(#1)民主主義(#1)世襲議員(#1)情報公開(#4)台湾(#1)歴史認識(#1)靖国(#1)コスト(#1)長野県(#1)システム(#1)会議手法(#1)市町村合併(#2)公務員給与(#3)談合(#3)地域通貨(#1)マニフェスト(#4)キリスト教(#1)入札制度改革(#1)まちの家計簿(#1)家計簿(#1)公開討論会(#2)財政改革(#1)リサイクル(#1)公共放送(#1)食糧安保(#1)不法投棄ゴミ(#2)農業(#1)自虐教科書(#1)表現の自由(#1)混合診療(#1)食の安全(#1)第3セクター(#1)イラク(#1)宗教対立(#1)ローカルマニフェスト(#1)大学誘致(#1)プロポーザル(#1)入札改革(#3)市民参加(#1)教科書(#1)リーダーシップ(#1)地方分権(#1)迷惑施設(#1)医療(#1)中曽根(#1)無駄撲滅(#2)英霊(#1)加害者(#1)メルマガ(#1)公教育(#1)契約(#1)教科書採択(#1)地方空港整備(#1)公約(#1)人権(#1)倫理(#1)ネガティブキャンペーン(#1)直接民主制(#1)財政出動(#1)九島架橋(#1)市長選挙(#1)ODA(#1)誇り(#1)市民の声(#2)公式参拝(#1)改憲(#1)入札監査(#1)道徳(#1)契約違反(#1)事業仕分け(#1)議会(#1)議員任期(#1)行政改革(#3)教科書問題(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)ネット利用(#1)政策棚卸し(#1)知事(#1)チベット(#1)対中政策(#1)金太郎飴(#1)自虐史観(#2)A級戦犯(#1)ゴミ減量(#3)ダイオキシン(#1)年金(#1)リストラ(#3)学校統廃合(#1)住民自治(#1)ゴミ処理(#1)税金の無駄遣い(#1)自治体規模(#1)原子力発電(#1)地方空港問題(#1)市民意識(#1)歴史教科書(#3)消費税(#1)被害者(#1)地元主義(#3)政策決定(#1)ジェンダーフリー(#1)合併(#1)市役所改革(#2)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR