Entries

12月議会 質問(1)青少年健全育成について

12月議会 質問
(1)青少年健全育成について、
9月議会で質問をさせていただきましたが、時間不足で十分な質問ができませんでしたので、補足・確認の意味も含めて質問をさせていただきます。市長の答弁では、「青少年の保護育成条例化」の検討中であるとされましたが、その後の進ちょく状況はいかがでしょう。
{答弁}
「議長」
宇和島市12月議会では、自由民主党議員会から「青少年健全育成基本法の早期制定を求める意見書」を安倍総理・衆参両院へ向けて提出するよう提案をいたしております。福本会派会長のご報告では、愛媛県議会の方でも本日議会で同じ趣旨の意見書の採択がなされるとのことですので、申し添えておきます。

市長は、去る9月議会でこうもおっしゃっています、「現実の問題への対処として、もっともっと素早く対応したい」と。
条例化以外の対応について、なにか進展がありましたでしょう。
{答弁}
「議長」
9月議会で市長は、私が指摘した宇和島警察署管内の青少年の荒れようについて、「数年前」と答えられましたが、白石前署長が防犯カメラの設置の必要性を各所で訴えて回られたのは、平成23年のデータを基にした動きでした。
そして、平成24年のデータも、愛媛県警の発表する少年非行の概況では、少年人口比の刑法犯・補導人数は、県内トップの汚名を返上できていませんので、改めて指摘・確認をしておきます。
今年はどうかという数字も見てみました、関係の皆さんは、見ておられると思いますが、10月末現在で前年と比較して数字は改善しております。しかし、喫煙での補導者は10月末までで、たった一人となっていて、耳にする情報と比較すると、現実はかなり違っているのではないかと思います。というのは、卒業生による、在校生のに対する悪影響という意味でも、かなり深刻で、楽観はできないと思っています。
繰り返しになりますが、9月議会で市長は「数年前の学校の状況」といわれましたが、「今も酷い」という評価が正しいのだろうと思いますがいかがでしょう。少なくとも、まともな学校と相変わらず荒れている学校との学校間の格差を見て、対処というものが必要になろうかと思います。
{答弁}
「議長」
問題の矮小化というのは、どこにでもあることです。
また、現場での問題解決の努力が、時に隠蔽に見えることがあることは、論を待ちません。
全国集計で恐縮ですが、平成24年度のいじめ件数は、前年の三倍になったと文科省は発表いたしました。これはどういうことでしょう、けして突然いじめが増えたのではなく、これまで見つけられなかったり、見逃してきたいじめをカウントし始めただけではないかと思います。もちろんネット上のいじめのように新しい形のいじめが発生しているのも事実ですけど・・。
また、こんなデータも示されています、「いじめ発見のきっかけ」は、児童生徒へのアンケートが過半数で、学級担任の発見は、約一割に過ぎなかったそうです。これと同じようなことが、悪さを見つける際にありはしないかと思いますが、
少なくとも、24年までは、「悪さをする」子どもが人口比で最も多い町なわけです。こういう状況に対して「行政のお仕事」という点から伺って参りましょう。

非行・不良化の原因の一つに、貧困があるといわれています。その、貧困の連鎖を断ち切るためになすべきことはなんでしょう。
教育は、その連鎖を断ち切る最も有効な手段です。
学問というだけではなく、部活動やクラスメイトとの日常を過ごすことによって、社会性を得ることができて、会社等でうまく仕事ができるようになるわけです。
学習環境の乱れは、学力や社会適応力も含めた生きる力の低下を招きます。そして、ちゃんとした仕事に就けない若者が家庭を持つと、また、社会に順応できない次世代を作ってしまうことになるのです。まさしく、「貧困の連鎖」であります。
教育力の低い家庭に生まれた子供達が、また子供達をきちんと育てられない家庭を作ってしまうわけです。
家庭の教育力を補うのは、地域であり学校でありますが、
ここでは、けして、学校にすべてを負わせるような話をしようというのではありません。
社会全体に、もっともっと、「子供達は地域の宝である」ということ、「子供達には無限の可能性がある」ということを共通の認識として持ってもらって、子供達を守り、子供達を大切に育むための意識付けとその実践のために市条例も含めた、法整備が必要だと思うのです。再度、実効ある青少年健全育成条例の早期制定についていかがでしょう。
{答弁}
「議長」
続いて、
頑張れば報われると子ども達がイメージできる教育(信賞必罰の必要性)という観点で伺いましょう。
不良化する子どもたちにきわめて共通するのが、重なる失敗体験やアイデンティティを感じる経験を悪さすることでしか得られない、いわば、真っ当な社会から疎外される経験でしょう。
そして、「悪さ」は、最初は小さなイタズラです。それがだんだんとエスカレートするわけです。良いことは思いっきり褒めてやり、悪いことは毅然として罰し、叱っていくことが必要でありましょう。
正しい価値観を持たせるための教育であります。
昨日の産経新聞の社説では、「日々の授業で正義を教えて」いじめをなくそうという主張が出ていました。

そんな中で、昨今の子どもたちの規範意識の欠落を何とかしようと、道徳教育の教科化が政府の方針として出てきておりますがこの動きについてどうとらえておられるでしょう。
{答弁}
「議長」
子どもたちを健全に育てはぐくむために健全育成のための法整備をはじめとした社会の変革というのが必要になってきていると思うことは述べましたが、どうしてここまで条例制定にこだわるかというと、
東京都と周辺の千葉や埼玉での状況です、同じような条例が制定されても、運用がどうなされるかによって町が変わるということを知ったからです。

つまり、宇和島でも、形式的な条例の文言をどうするかということよりもむしろ、この条例の制定をきっかけにして、社会全体の意識改革が必要であると思うのです。
もっとも制限を受けるべきところは、深夜の子どもの居場所の提供や、アルコールやたばこといった禁止嗜好品の提供であり、インターネット上での悪の世界への誘いであります。そして、それらが、大人たちの金儲けの手段となっている点であります。
そこで、私は、子ども達を守り、子ども達を大切に育むための条例とその強い運用を求めているわけです。

「子ども達を食い物にする(金を稼ぐ対象とする)商売を許さない(条例で規制する)地域社会をつくるための条例を」、であります。

その為にも、国の方で健全育成のための法整備が必要であり、県レベルで県警察による実効のある積極的な運用が必要なのであります。この点についてご意見はいかがでしょう。
{答弁}
「議長」

※実際の質問の内容とは違いますが、質問のために準備した原稿です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://motosuketrd.blog.fc2.com/tb.php/775-2a0c9b8a

トラックバック

コメント

[C22] でもやっぱり

でもやっぱり非行や犯罪を犯す青少年の親権者に問題が、あると思います。番城小学校校区に元反社会的勢力の人間が多数住んでおりその子供が学校で、街で非行や少年犯罪を犯してます。市議会と警察とが連携し、まずはこの親権者を法的に処罰する条例を制定して施行、実施することが最優先ではないでしょうか?
  • 2013-12-18 17:47
  • 山下
  • URL
  • 編集

[C30] 上の方は

城東地区ばかり目の敵にしていますが

人をどうこう言う前にご自分の事を考えられてはいかがですか
  • 2015-05-05 23:28
  • 小市民
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Calender

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Translate【Japanese→English】

English

Profile

motosuke.net

Author:motosuke.net
神戸の震災の支援に行き身体の動かない自分に気づきました。
それからジョギングやスイミングを始め、14㎏の減量。
一応、トライアスリートです。冬場は、駅伝も走ります。
JC時代から、地域づくりに関わり、公開討論会を開くなどしました。そんな私が、2009年夏、公開討論会の当事者になってしまいました。
その後、0からのスタートとして、市議会議員に当選して活動を続けています。

Categories

Afurieito Fc2

Twitter

Twitter < > Reload

Search

Tag Cloud

教科書(#1)知事(#1)公開討論会(#2)プロポーザル(#1)教科書採択(#1)ダイオキシン(#1)九島架橋(#1)市民の声(#2)不法投棄ゴミ(#2)公約(#1)議会(#1)A級戦犯(#1)年金(#1)政治指導(#1)改憲(#1)迷惑施設(#1)生活者重視(#1)公共放送(#1)表現の自由(#1)入札制度改革(#1)世襲議員(#1)リーダーシップ(#1)人権(#1)ゴミ処理(#1)地方分権(#1)学校統廃合(#1)入札監査(#1)誇り(#1)地域通貨(#1)道徳(#1)自虐史観(#2)金太郎飴(#1)市民意識(#1)医療(#1)公務員給与(#3)ODA(#1)行政改革(#3)中曽根(#1)ごみ処理費用の外部化(#1)事業仕分け(#1)倫理(#1)市長選挙(#1)民主主義(#1)マニフェスト(#4)財政出動(#1)対中政策(#1)介護(#1)住民自治(#1)長野県(#1)コスト(#1)キリスト教(#1)税金の無駄遣い(#1)靖国(#1)ジェンダーフリー(#1)ゴミ減量(#3)歴史認識(#1)地元主義(#3)ネット利用(#1)ローカルマニフェスト(#1)消費税(#1)アリバイ民主主義(#1)自虐教科書(#1)市役所改革(#2)談合(#3)選挙制度改革(#3)財政改革(#1)被害者(#1)システム(#1)混合診療(#1)情報公開(#4)政策棚卸し(#1)台湾(#1)契約(#1)市民参加(#1)教科書問題(#1)食の安全(#1)チベット(#1)地方空港整備(#1)契約違反(#1)政策決定(#1)直接民主制(#1)農業(#1)公立病院(#2)地方空港問題(#1)無駄撲滅(#2)宗教対立(#1)市町村合併(#2)合併(#1)家計簿(#1)第3セクター(#1)加害者(#1)議員任期(#1)ネガティブキャンペーン(#1)会議手法(#1)田中康夫(#1)歴史教科書(#3)大学誘致(#1)まちの家計簿(#1)一票の格差(#1)リストラ(#3)英霊(#1)食糧安保(#1)リサイクル(#1)メルマガ(#1)イラク(#1)原子力発電(#1)入札改革(#3)公式参拝(#1)公教育(#1)自治体規模(#1)安易な需要予測(#1)

Indicator of motivation

Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Mobile

QR